ブログ

「スタメン」と「ベンチ」

「今、この状況でベストを尽くせるか?」
あるチームが大会まで残りわずかとなり
いろんな問題が出てきてます。
その中で、
試合に「出れる」か「出れない」か。
選手なら当たり前だと思います。

ある選手から、
「2年の時には我慢したから
3年になったら出れるですよね」
と言われた時には、ちょっとびっくりしました。

このチームはクラブチームで、
今まで、学年でスタメンとかレギュラーとかを
スタッフで考えた事がなかったからです。

また、チームを作る初めの時に、
コート外の選手の役割は何か?
選手同士で考えてもらっていたのですが、
あまり理解がなされなかったのかと
思っています。

試合でも練習でも私たちは存在して、
チームに何らかの影響を与え
チームのために活動しています。
なので、レギュラーとかベンチなどは
関係なくチームの一員です。

たとえ出れなくても
今、この状況でベストを尽くせるか?
を考えて行動していれば、
こう言ったことはなかったと思っています。

みなさんは、どう考えますか?

「指導」と「自由」

選手への指導?をすることの方が
多いですが、
指導者の指導?をすることあります。

ある指導者は
「指導するために来ているのだから
教えるのは当たり前!」

また、ある指導者は、教えないことが
新鮮に感じているのか
「あんまり言ってもねぇ」
という指導者も。

どちらもいい悪いでなないですが、
みなさんならどう考えますか?

私は選手たちのレベルによるかなと
思っています。

初心者の人たちには、ある程度の型は
必要だと思います。
しかし、型ができているのであれば、
工夫を促す言い方をして、
自分で考えることが大事かと。

この線引きは大変難しく、
スタッフの想いと選手の想いが
ある程度一致しなければ成長速度が
ゆっくりとなり、選手たちは迷いが
出てきます。

そんな時に、提案する指導ができれば
成長は加速すると思います。
ですが、このサジ加減は大変難しいです。

みなさんも周りの成長を
加速させるために今どんな場面か
考えてみてください。

「戦う」と「我慢する」

学生スポーツによくあることだと
思っていますが、
監督やスタッフに、やりたいことを
言えずに、我慢する選手。

普通学生スポーツであれば、
監督やスタッフは自分より年上
だから言い辛い。=我慢する

これって、
自分のことを否定しいませんか?
学校での勉強は必ず正解があるもを

教わってきます。
そして、教えてくれる人は偉い!
という勘違いを植えつけれれていると
私は思っています。

そうなると、言い方が悪ですが、
自分のことを諦めて戦うことを
やめてしまうと思っています。

スポーツは正解がないもので、
指導者の方も毎年試行錯誤の
連続ではないでしょうか?
その中で選手からの意見は
多くのヒントが隠されていると
思っています。

なので指導者は、選手がどう考えて
何をしたいのかを知したいと
考えるのが普通ではないでしょうか?

それができない指導者の元でスポーツ
をしている選手たちは戦わなければ
いけないと思っています。

選手からしたらとても勇気のいる
行動だと思いますが、おかしいと
思うことに対して言えたり、行動を
起こさなければ、試合で気づくことも
対応することもできないのでは
ないでしょうか?

皆さんの周りの選手どうでしょうか?

「チーム」と「個人」

ある選手のメンタルトレーニングをしたときに、
「目標は?」と聞くと
〇〇と◆◆と▷▷です。
と教えてくれました。
(これ言うと学校が分かってしまうかもしれないので伏せます)

この記号に入る言葉は行動の部分。

「これで勝てると思う?」と
少し意地悪なしつもんをすると
「直接は関係ないかもしれないけど、
これもできなければ勝つこともできないと思います。」

この学校は部活で勝った負けたではなく
選手を長期的に見て指導しているそうです。
チームの目標が浸透することで、
個の行動を上げることでチームの
レベルを上げていきます。

さらに共通意識になっているから、
周りも応援して叱咤激励をするそうです。
チームコンセプトの重要性を
選手から学ばせていただきました。

皆さんの関わっているチームのコンセプトは明確になっていますか?

「立ち止まる」と「進み続ける」

いろいろ悩むことが、多くなってきています。

ほとんどが人から言われることが多くて、凹んで

少し前までは、その度に立ち止まっていました。

過去にブログを止めたとなどは書けなくなってしまったことが原因の一つでもありました。

最近は、止まるより、どう動き続けるかを考えています。

立ち止まるって考えるとこは、ものすごく重要なんですが、そのほとんどが、やってしまったことの反省。

やってしまったことは、変わらないことで、反省をしてすぐに動かないと、あまり意味を持たないと考えるようになったからです。

立ち止まっている時間が長くなれば、考えるのはマイナスな思考になりがちに!

すると再び動き出す機会も失ってしまいます。

時間は止まることはありません。

なので、常に動き続ける!進み続けることが大事になります。

動き続けていれば、マイナスを考えるよりプラスに考える習慣が身についてきます。

立ち止まる時間は短く、動き続けてみてください。

「ペア」と「伝え方」

実は指導の場面で、悩んでいます。

あるチームでは、
他にもスタッフがいて、同じことを
選手に伝えるときに、違う角度から
伝えてくれる人がいます。

また、あるチームは、
私の熱量が上がると、同じ熱量で、
選手たちに話をするスタッフが
います。

前者は、私自身を落ち着かせてくれて
くれますが、もっとストレートに
言ったほうが、選手たちへの理解が
高まるのではと思うことがあり
後者は、盛り上がりすぎて、
言いすぎ後で後悔することも。

ただ、一人でチームを見るときは
ものすごく考えて伝えていますが、
結局、勝手に自分を納得させて
正しかったのかどうか、判断を
鈍らせているのかと思っています。

一時期は、一人でやる方が楽だと
思っていた時もありますが、
仲間がいた方が自分を
成長を加速させてもらえると思うと
仲間って大事だなっと感じで悩みます。

「助けて」と「手伝って」

メンタルトレーニングをしていた時の話です。
小学生の高学年の選手たちと話をしているとき、
ある選手から、
「お母さんから「手伝って!」って
言われるけど「助けて!」って
言われたことがないなぁ。」

とか、またある選手からは
「友達は助けるけど、親のことは
言われれば手伝うけど、助けることは
ないかな」

仲間に対して、どちらを使うと行動に
変わるのか?
選手たちと話をしていて考えさせられました。

同列の関係だど、「助けて!」って
なかなか言いづらいのは弱みを見せる
ことになるので言えない。
「手伝って!」は少し上から目線に
なるのか、などなど

人との関係性があると思います。
みなさんは、
どんな時にどちらの言葉を使っていますか?

「体験」と「入り方」

私が運営しているバレーボールチームは4年目を迎え
U14男子チームとU14女子チーム(2年生チーム、3年生チーム)に
U19チームが立ち上がり、だんだん大きくなっています。

チームにはメンタルトレーナーさんがいたり、
チームビルディングの講師の方に入ってもらったりと
人として、仲間と成長するために環境を整えています。

女子の練習での話です。
体験の選手が来ると、どう仲間に入っていくか?を
スタッフ毎回気にして、所属選手、体験選手にケアします。
スタッフは「お互いに名前覚えてね」とはじまり
「わからなくなったら、どうする?
私だったら ねぇ名前なんだっけ?って聞くよ」
ってヒントを出します。

初日だったら何回でも聞くことができ、
それは何も不思議な行動ではないです。
でも、数日経ってからだとどうでしょうか?
なかなか名前は聞けなくなりますよね。

その意識が体験の選手に伝わったのか
借りたものを返すときに
「〇〇、ありがとう」
と名前を言ってからお礼を言っていました。

このことが原因かどうかは分かりませんが、
体験の選手は自然と仲間に入っていき、
人数が足りなかったので2年生チームから
選手は入りましたが、スムーズに中に
入っていくことができました。

スタートの行動の大切さを考えさせられました。

「テーマ」と「内容」

先日、中学生や小学生のメンタルトレーニングの際
あえて、同じテーマのしつもん集を出しまた。

同じサッカーと言う競技をしていますが、
学年も違えば、全然違うチームで、選手たちの
接点は何もありません。

もしかしたら、同じ話をするのかな。と思いながら、
進めてみました。

講演会や、大勢でやるメンタルトレーニングは
話が似てくることがあります。
最近、講演会などなかったので、どんな感じになるのかと
自分の中でも少し楽しみに講座を進めていきました。

結果、選手たちの答えから、話を広げていくワークなのですが、
3人とも全然違う話になりました。
自分でも少しびっくりしました。

人はそれぞれ感じ方違い、どこに興味を引くのかも違います。
そして、その部分を広げて話をしていくのですから、
話が変わってくるのは当然だなっと改めて感じています。

チームの指導にあたる時、多くの選手に同じことを感じてもらおうと
必死に話をするのですが、伝わらないことが多いです。笑
人それぞれ捉え方が違うことをもう一度意識して、
その人にあった話をしていかないといけないと思いました。

「2択のしつもん」と「その答え」

みなさんは「A」と「B」どちらを選びますか?
と言われたらどう答えますか?
そんなの答えが出てるんだから
「A」か「B」を選ぶに決まってると
思うんではないでしょうか?
もし「A」や「B」の答えが不本意の
答えだったらどうしますか?
「C」という答えを言えることができるでしょうか?
なかなか難しいですよね。

でも、「C」という答えを言える環境が大事なのかもしれません。

思っている答えと違うことを
続けるていくと自分の気持ちに
嘘をつくことを当たり前にしてく
可能性があります。

2択のしつもんを繰り返して、
本心まで辿り着ければいいのですが、
そうでない場合は自分を押し殺すと
いうことになります。
2択のしつもんをするときは、
答える人の本心に辿り着けるように
考えてしつもんしてあげてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑