「イライラ」と「成長」

先日、ショッピングモールに行っ
た時、小さな子が通路で「あれが
欲しい」と転がりながら泣いてい
ました。

テレビで、冗談半分でみる映像そ
のままだったのでちょっと笑って
しまいました。

そんな小さい子が、いつのまにか
イライラをださなくなります。
成長していくと、今これをしてい
いのか、それともやっていけない
ことのかの判断がついてくるから
です。

これが成長だと考えています。

さて、スポーツの現場ではどうで
しょうか?
うまい選手が、イライラしている
場面をよくみます。
その時、指導者はどうか?
高いレベルでやりたいから少しレ
ベルの引く選手の方へ指示を出し
ていることがありませんか?

これをしてしまうと、うまい選手
が王様化してしまい、何をやって
いいんだと勘違いをしてしまいま
す。

怒っている選手をみると、他の選
手はあいつにやらせないととばっ
ちりがくるという恐怖で支配され
ながらその選手にパスを出すよう
になります。

小さい子の話に戻りますが、どう
対応しているでしょうか?
それが答えではないでしょうか?

イライラしているのは、自分をう
まくコントロールできていない証
拠です。そして成長の伸び代が
まだまだある証拠です。

プロテニス選手などはラケットを
壊す場面がよくニュースでとりあ
げられます。
ものを壊すのはよくないことです
がこの行動をきっかけに本来の自
分を取り戻す行動だと考えます。
何か自分を取り戻す行動を考えて
おくこともいいと思います。

大きな成長を勝ち取るための選択
を間違えないように、見守ってあ
げたり、声かけをしてあげてくだ
さい。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。