「勝つ選択」と「負ける選択」

人は、何か行動をする時に必ず、
「選択」をしています。

昨日の話でも少し触れていますが
「勝つための選択」とは、どんな
ことなのか考えてみましょう。

例えば、昨日の話でもありました
が仲間とのコミュニケーション。
チームとして活動していくにあた
り絶対に必要なものだと考えてい
ます。そこで監督が、仲間が怖い
から話をしないという選択は、

  勝つ 〈  怖い

無意識のうちに、負ける選択をし
ていることになります。

また

誰かがやってくれる。と思った時
行動が一歩出遅れます。
これもまた、負ける選択です。

上位を目指すチームと1回戦敗退
チームの選手たちにこんな話をし
ました。
「君たちの行動は負けるための選
択をしている!」

実際に1回戦敗退チームの選手が
選択しているのは、指導者からみ
ると、ただのわがままであり、そ
の選択は多くの指導者の反感をか
うことになりました。

これが、上位チームになると、自
分の殻をやぶり、今までできてい
なかった行動をしていきます。
勝つための選択をするようになっ
ていきました。

選択の思考は普段の行動が出てき
ます。
靴を揃えれば、しっかり挨拶をす
ればスポーツが強くなるのか?
と言われたことがあります。
そう言った、行動をしっかりと選
択する練習がそこには込められて
いると思いますが、そこまでなか
なか伝わっていないのも事実。

自分の行動の選択は正しいのか?
常に考え、また仲間と確認しなが
らスポーツを楽しいんでもらいた
いと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。