「判断」と「時間」

スポーツに限らず、日常生活でも常に「判断」の連続であり、その「判断」をどう選択するのか大切です。

このときに指導者や保護者は、早く成功に導きたいがために答えを教えてしまい、「判断」をさせないことがあります。
人の成長は、いろいろ経験をすることが大切です。


「判断」をするという経験を奪っていませんか?


この経験を奪ってしまうと、選択をしいられたとき、正しい「判断」ができると思いますか?小さな「判断」でも常に選手、子どもたちさせてください。


選手、子どもに「判断」を任せることは、大人からすると大変歯痒い部分でもあります。

しかし、「判断」を任せられた選手、子どもは自信を持ち、その選択に責任が生まれてきます。


そして、小さな「判断」で成功や失敗を繰り返すことは、その「判断」は正しい方を選択するようになり、考える「時間」はどんどん短縮されていきます。
判断に時間を要することもあると思います。

しかし、人には期限があり、その中で判断をしていかなければいけません。選手、子どもたちはスポーツを通じてこの「判断」を早めることをすることで、「時間」的な余裕が生まれてきます。

選手、子どもたに「判断」をさせる様に心がけてみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。