「進路」と「悩み」

先日高校生2年生に30名ぐらいに話をしてきました。

今年で4回目になるかと思います。
話をした後から先生が「毎年素晴らしい話を生徒にしてくれたいると聞いています。なので、今回は私から宮野さんを指名させていただきました。」と教えてくれました。

やっていることはしつもんメンタルトレーニングのワーク一部と「どんな人になりたいか?」という話です。

進路の話なると「何になりたい?」と言うしつもんがでてきます。
答えは必ず職業が出てきます。
当たり前だと思う人がいるかもしれません。

小さい時からこのようなしつもんが繰り返されるとどうなるか?

ゴールが職業になります。

その職業になるために勉強して行動をしていきます。
決して悪いことではありませんが、ゴールしたあとのこと考えていると思いますか?

ゴールしたあとに考えればいいと思う人もいるかもしれませんが、長年かけて何になりたいと言われ続けて、その答えを向かいゴールできた人がすぐに次のゴールを考えることができるでしょうか?

スポーツでは燃え尽き症候群と言われる人たちがいます。部活でやり過ぎてしまい、やり終えた後、全くスポーツをしなくなる人たちです。

進路でも同じではないでしょうか?
では、どうしたらいいか?

そこで「どんな人になりたいですか?」としつもんをすることが必要だと思っています。

人のあり方から職業を決めていくことで、成長しつづける人になると思います。就職してからも意欲的に働けるのではないでしょうか。

今後AIがさらに発達して日常にもっと身近になってくるといわれています。そうなると、現在の仕事のほとんどがなくなってくるでしょう。

そして仕事は自分で作り出すものにかわってくるでしょう。
そんな中「なにになりたいか?」と今ある職業について問うことはすでに遅れていると思っています。

それを小中高生は感覚的に知っているからYouTuberがランキングに入ってくるのではないでしょうか?

みなさんの周りの方々は仕事についてどのように考えていますか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。