「切り替え」と「ゆるみ」

私が住んでている浜松では、学校が徐々に再開され、
6月から部活もできるのではと聞いています。
市の施設も室内運動施設の貸し出しは今月末まで使えませんが、
屋外施設は使えるようになりました。

そんな中で、数名の選手とビーチバレーをしてきました。

そこでどんなことが起きたかというと、
中学生が砂遊びを始めました。

インドアしかやってきていない選手は

ビーチバレーボールのコートは大きな砂場でしかなく
砂場は遊ぶところになっていました。

保護者の方と話をしましたが、バレーボールもできるし、
外でこんなに楽しく遊ぶ姿を見るのは何年かぶりなので、
今日はこんな感じでいいですよ。と言われました。

部活も始まります。
市内大会も開催に向けて先生方が動いているようです。
これから全てが新しい行動になっていきます。
その度に新しい経験が遊びになってしまうと、
次の大会は学校の球技大会のような大会になってしまうことが
予想されます。

そうならないためにも、自分自身で切り替えることが大切です。
これだけ規制をされて自分たちで自粛してきたので、
これから、体を動かせるようになると
嬉しくて楽しくなるのは当たり前です。

しかしながらいつまでもゆるみっぱなしとなることも
ないと思いますが、切り替えを意識して、
ゆるみから引き締めに、そして真剣になるように心がけてみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。