「通常」と「混乱」

私が指導しているバレーボールのチームや教室の話です。
通常、パスは向かい合ってやるものだと思います。

しかし、私のところは、向かい合ってパス練習はしません。
そして複数人で、ボールも複数個使って行っています。
これは、非日常であって、バレーボールでは実際には有り得ませんが、
選手たちの思考を混乱させる中で、通常のパスができるかどうかを練習しています。

そして、私は同じ学校の選手たちが組むことを嫌います。
違う学校の選手と組むと、バレーボールの教わり方、考え方が違うので
選手が混乱して通常のプレイができなくなります。

バレーボールに限らず、道具を使うスポーツは、使い始めや技術習得の始めは

必ず混乱が生まれます。

混乱して考えるからこそ、選択肢が増えて、
技術の習得や体の動き方を身につけることができます。

私たちは、新しいことにチャレンジすることに臆病です。
そして、混乱することを嫌います。
それは、よりエネルギーを使うからと今までの経験を一旦捨てなければ
いけないと考えるからです。

混乱は新たな技術習得している最中と考えて、新しい技術が習得して時のことを
考えてワクワクしたら混乱も楽しめて向き合えると思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。