「後悔」と「行動」

YouTubeをみていたら
Bリーグの栃木ブレックスの田臥選手の高校時代の映像が出てきました。
高校3年間で全国大会9冠と全国大会で負けなしという能代工業の話です。

このチームは田臥選手を始め若月選手と菊池選手が1年生からスタメン出場。
彼らが3年生になって最初の全国大会はインターハイ。

試合に臨む前に監督のインタビューでは
「今年の彼らは何も成し遂げていない」
という言葉がありました。

スタメンのメイン選手がすでに2年間負けなしで来ている選手を
何もしていないと言える監督もすごいなと感じました。

彼らは結果を求めて、結果があってこその存在という位置づけが
凄すぎるなと感じています。

9冠を達成した後の田臥選手も
「高校バスケが後悔なく終われました」
という言葉が印象的に感じています。

悔いなくスポーツを終えれる選手なんていないと思います。

目標達成しなければ、必ず
〇〇すればよかった。
◾️■していれば
と思うでしょう。

そうならないために、
一日1日をどう行動していくのかを
考えていただきたいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。