「主体性」と「自主性」

育成年代の指導者の教材動画を何気なくみていた時
テーマが「主体性」と「自主性」について語られていました。
みなさんこの違いわかりますか?

自主性は
事前にやるべきことを学んでいて、その中から自分で選択して行動すること

主体性は
今まで経験したことのないことに対して、自分で考えて行動していくこと

だそうです。

私は、「自ら考えて行動できる選手の育成」を掲げています。
なので、主体的を目指して指導をしています。

しかしながら、自主性の経験がなければ、
主体性に進むことができないとも思っています。

ここでの経験は、スポーツ種目や練習に限ったことではないと思います。

いろんな場面で経験し学ぶということが、
後々主体性に動けるようになっていくと考えています。

みなさんの周りの選手は、今どちらの行動をしていますか?
観察してみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。