「複数」と「単一」

最近バレーボール指導者との話の中で、出てくる言葉に「予測」があります。

・フェイントボールに反応ができない・ブロックに当たってイレギュラーに動いたボールが取れない・仲間が頑張って拾ったボールをつなぐ事ができない
これらはバレーボールに限らず、チームで行っているスポーツなら
出てくる問題かと思います。

海外の指導者が日本の練習を見て、「なんで一つ一つをぶつ切りにした練習をしているんですか?」
と日本の指導者に質問をしていました。
日本の指導者は「基礎が大事」と言っていましたが、
海外の指導者は「スポーツではいろんな事が起こることを前提に考える事が基礎ではないですか?」
と質問を被せてしまうと日本の指導者は黙っていました。

日本の指導は、今はこの練習、次はこの練習ということをして
ゲーム形式に入っていく事が多いです。

このような全体の流れが選手の考え方を複数にする事が難しくなり
この場面はこれ、あの場面でこれと単一の考え方で決めつけてしまう
環境を練習の中で作っているのではないかと思っています。

レベルの差で、想定外の事が違っていますが、
そのレベルレベルで、いろんなことを考える作業もプレイ中以外で
練習に加えてみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。