「言葉」と「指導」

たまたま、学校の先生に用があって学校に行こうと連絡をとったら、
「練習試合に行っているので、そちらにきてください。
できたら選手たちにアドバイスお願いします。」
と話を頂いたので、練習試合を見学してきました。

ここ数年中学生のいろいろな種目の試合や練習試合を見学させてもらって
いましたが、久しぶりに昭和的な指導をみました。

数年前、小学生に対して罵声を飛ばしている指導者を見て
頭が痛くなり目的の試合を見る事ができなかった事がありました。

そこから数年、罵声をする指導者は減ってきているかなと思っていました。

残念ながら、
試合中、コートの中で選手の近くに立ち、
脅迫のような言葉を使い、
チームの失点は、関係ないところでも、
その選手のせいにしていました。

帰り際に、選手に話をする機会をいただけたので
「スポーツ楽しいですか?」と聞くと
「楽しいです!」
と答えてくれた選手を見ていると、
涙が出そうなりました。

少し前に問題になった体操選手とコーチの関係なのか?
私が、中学の時(30年以上前ですが)は当たり前風景では、
さらには手が出たり足が出たりしていました。

今でも指導に関わっていることを考えれば、その経験や思い出は
ありますが、それ以上に勝った事が良い思い出になっているのかも
しれないですし、そのいい思い出を選手たちに感じてもらいたい
と思っているのかもしれません。

しかし、今それらのことはしてはいけないことです。
そして、言葉の暴力も考えなければいけない事だと思っています。

中々変われない部活の指導ですが、
勝ったチームが強く、正しいのであれば、
今自分が目指している指導法で、勝つチームを作っていかないと
いけないと感じています。

部活になると人が変わる先生もいると聞きます。

部活のシステムが変わってきているのに、
指導者がついて行けていない現状は
残念で仕方ないと思いました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。