「1点目」と「25点目」

最近のバレーボールの練習で、
10本続けて同じことをやろうと挑戦しています。
スポーツでは同じフォームを繰り返すことが多いので
こういった練習はやられている方も多いかと思います。

そして、後半の失敗をものすごく悔しがります。
しばらくすると、1回目とか2回目でも失敗するようになります。
この時は選手たちは悔しがりません。

そこで、試合の話をします。
25点とるためには
始めの1点も25点目の1点もかわらない気持ちで行うことが大切と伝えると
取り組み方が変わってきます。

指導者の立場でいえば、同じように考えてなさいと言うものの
やっぱり1点の重みは違ってくると思います。

この部分を選手と共通認識ができてくると
「うちのチームはエンジンかかるのが遅くてね」
なんて言葉が無くなってくるのではないでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。