「楽しい」と「集中力」

代替え大会を終えたスクール生に、
先輩の戦いぶりがどうだったのか?
聞いてみました。

すると、
「二日目にはいけなかったけど先輩たちはいつもより
いいプレイをたくさん見せてくれました。」

選手たちは、大会になるといつも以上のプレイを見せてくれる事があります。
普段、選手たちに「練習でできない事が試合でできるわけがない」と言っています。
多くの指導者もそう伝えていると思います。

しかし、実際には良いプレッシャーがかかるといつも以上動ける事があります。

そこには「楽しい」と思える感情が強行くなっているときに
このような状態に入ります。
いわゆる「ゾーンに入る」という状態です。

このような状態が最後の大会で出せていると周りから思わせる事ができている
ということは、本当に心から楽しめ、チームスポーツであれば、
チームが一つになったという状態ではないでしょうか。

逆に、何かのきっかけで、集中力が欠けて試合に1人でも望めば、
このような状態を作り出すことはほぼ難しいと思います。

常にこの状態を作り出すことは、なかなか難しいですが、
日頃からこの状態になれるように心がけて練習する事が大切になります。

みなさんの周りでもこのような状態を意識することを伝えてみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。