「成功する人」と「失敗する人」

チームからお願いされて、練習メニューやトレーニングメニューを作ることがあります。

毎回練習参加できることができないは仕方ないですが、
それでも気に時間を調整して、定期的に見学をする様にしています。

すると、そこには、独自アレンジが加わり、
当初想定したトレーニングの目的が異なってくることがあります。

選手に聞けば、こんな感じ?ってぐらいでやっていて
トレーニングの内容ではなく、こなすことが目的になっていました。

メニューをお渡しする時には、必ずスタッフ、先生に説明や解説をして
お渡しするのですが、「なかなか見ることができなくて」と選手のせいにしたり
「こうやったほうが分かりやすかと思って」と余分なことを継ぎ足していました。

前にキングコングの西野さんが、芸人仲間から「どうしたら売れる?」
と聞かれた時に、丁寧に「あなたの場合は、これをやっていけばいい」と
アドバイスしたことがあるそうです。
しかし、その芸人は、そのアドバイスに自分でアレンジを加え、
全く売れなかったそうです。

私も多くの先輩方にアドバイスをいただいていました。
でも、何か違うなってやらなかったことや、アレンジしたことがあります。
当然、結果は上手くいきません。

そしてそれをアドバイスしてくれた方のせいにして

また違う人にアドバイスをもらったりしていました。
成功している人に聞きに行って、教えてもらったことをやらなければ
成功するはずがないですよね。

教わったことをしっかりできたとやり抜くのは、
はたから見れば、真似をしているだけですが、
とても大変なことです。

できたと感じたところから、手を抜かずにやり通し
そしてアレンジができるのではないでしょうか?

みなさんはどうですか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。