「人」か「大会」

個人種目の選手のメンタルトレーニングを何人か行っています。
その中で、目標を聞くと、
「〇〇さんに勝つこと」「隣のレーンの人に勝つこと」
など、公式戦(大会)での順位よりも
自分がギリギリで勝てる人を目標にしていることが多い様です。

団体競技だと、どうしても大会の結果にフォーカスしてしまいがちですが、
目の前の身近なライバルと競い合えるのは成長に大きく影響すると考えます。

ある選手に、「もしドローの関係で目標としている選手と早く当たってしまったら?」と聞くと、
「勝てば、よしになっちゃうかな。 多分嬉しくて、頭が真っ白になって次戦えないかも。」
と言っていました。
いろいろ深掘りをしていくと、
自分よりレベルが高いと思う選手との対戦は競技に集中できるけど、
自分と同じぐらい、もしくは下と思うと、「もし負けたら」と言う
気持ちが邪念になり集中ができなくなるそうです。

個人種目は事前にランキングがはっきりと出るので、いろいろ考えるそうです。

目標設定では、どこにこだわりを持って、立てるのかが重要です。
そして、目標なので、その先にあるゴールをどうするのかをしっかりと
考えてみてください。
やり切って終われることは素晴らしいことですが、
その先にはまだまだ人生やスポーツをすることは続くと思います。
みなさんはどうでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。