「選手のレベル」と「結果」

コロナ前に、バレーボールの合同練習会というイベント企画したことがあります。
その時に、いろんな選手とバレーができて楽しかった。
即席チームだけど楽しかった。
なんて感想をいただきました。

合同練習会は、前半はポジションごとに練習をして
後半は、チームを作ってのゲームを行いました。

ある選手からこのチームがメンバー揃ってて全勝するぞ!
なんて声が聞こえていましたが、
蓋を開けると、このチームは全く勝てませんでした。

なぜこんなことが起きてしまったのでしょうか?

それは、
他のチームはみんなで上手くなろうと考えてプレイしていたのと
こいつはこれができる。あいつはこれができないから俺がやっておけばいい。
という考え方の違いが、勝敗の結果に繋がったのではないかと分析します。

バレーボールは一人ではできないスポーツです。
6人(リベロ含め7人)が同じような実力レベルならいいのですが、
中学生のスポーツでは、当然レベルに差があります。
片方のチームは、みんながボールを触る。そして失敗してもフォローする
という気持ちが生まれていたと思います。

もう一方は、レベルを勝手に決めて、人のボールを横取りして、
本来できる攻撃のタイミングが遅れミスになり、と悪循環でした。

部活の様子を見ていると、イラだっている選手の姿を見つけます。
その行動は、やっぱり人で全てをやろうとしています。

エースと言われる選手に多いですが、
試合でイライラするのではあれば、練習中に、周りの選手を
どう引き上げていくかを考えなければいけないと思います。
それをせずに、試合でイライラするのは間違った行動ではないでしょうか?

普段から先のことを考え、自分が活きるために、周りとどう連携しなければいけないか?
多くのチームはすでに新チームに移行していると思います。
だからこそ、考えて欲しいと思います。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。