「怒る」と「すり替わる」

昔、部下にあるとで怒ったことがありました。

お客さんの楽しいを引き出してあげるのが仕事としていたのに、その部下は自分のことを自慢げに話をしてました。

自分は怒り出すと、止まらなくなり関係ないところまで指摘することがあります。

そうなると、納得が行かない部下は、私の上司にそのことを伝えて、私が上司から怒られました。

怒られた内容は、お客さんへのことは全く話に出てこないで、怒った時に上乗せした部分のことでした。

最終的に、私が上司部下に謝って事が終わりました。

???

何かおかしくないですか?

私は、部下から謝られたこともなく、部下はその後も当たり前のように同じ行動を繰り返していました。

論点がすり替わって、自分に返ってきた。

怒っても何も変わらない。

その後、いろいろ面倒になることを嫌い、その部下には一切怒ることをやめました。

結果、その後もお客様からも指摘がありましたが、他のスタッフもいるのでと対応してなりました。

そして、あの人そういう人だからと周りが気を使うようになっていきました。

今でも怒る時に話を広げて過ぎ関係ないこところ言ってしまう事あります。

相手わかるように指摘する。

冷静な時はこころがけていますが、怒る時は瞬発的で、レアケースになるのでこの先をこの部分を鍛えることは難しいと思います。

では、どうするか?

OKラインを緩めていれば怒るところには行かない。

もしくは指摘しない。

みなさんは、どう考えますか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。