「体験」と「入り方」

私が運営しているバレーボールチームは4年目を迎え
U14男子チームとU14女子チーム(2年生チーム、3年生チーム)に
U19チームが立ち上がり、だんだん大きくなっています。

チームにはメンタルトレーナーさんがいたり、
チームビルディングの講師の方に入ってもらったりと
人として、仲間と成長するために環境を整えています。

女子の練習での話です。
体験の選手が来ると、どう仲間に入っていくか?を
スタッフ毎回気にして、所属選手、体験選手にケアします。
スタッフは「お互いに名前覚えてね」とはじまり
「わからなくなったら、どうする?
私だったら ねぇ名前なんだっけ?って聞くよ」
ってヒントを出します。

初日だったら何回でも聞くことができ、
それは何も不思議な行動ではないです。
でも、数日経ってからだとどうでしょうか?
なかなか名前は聞けなくなりますよね。

その意識が体験の選手に伝わったのか
借りたものを返すときに
「〇〇、ありがとう」
と名前を言ってからお礼を言っていました。

このことが原因かどうかは分かりませんが、
体験の選手は自然と仲間に入っていき、
人数が足りなかったので2年生チームから
選手は入りましたが、スムーズに中に
入っていくことができました。

スタートの行動の大切さを考えさせられました。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。