「戦う」と「我慢する」

学生スポーツによくあることだと
思っていますが、
監督やスタッフに、やりたいことを
言えずに、我慢する選手。

普通学生スポーツであれば、
監督やスタッフは自分より年上
だから言い辛い。=我慢する

これって、
自分のことを否定しいませんか?
学校での勉強は必ず正解があるもを

教わってきます。
そして、教えてくれる人は偉い!
という勘違いを植えつけれれていると
私は思っています。

そうなると、言い方が悪ですが、
自分のことを諦めて戦うことを
やめてしまうと思っています。

スポーツは正解がないもので、
指導者の方も毎年試行錯誤の
連続ではないでしょうか?
その中で選手からの意見は
多くのヒントが隠されていると
思っています。

なので指導者は、選手がどう考えて
何をしたいのかを知したいと
考えるのが普通ではないでしょうか?

それができない指導者の元でスポーツ
をしている選手たちは戦わなければ
いけないと思っています。

選手からしたらとても勇気のいる
行動だと思いますが、おかしいと
思うことに対して言えたり、行動を
起こさなければ、試合で気づくことも
対応することもできないのでは
ないでしょうか?

皆さんの周りの選手どうでしょうか?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。