「指導」と「自由」

選手への指導?をすることの方が
多いですが、
指導者の指導?をすることあります。

ある指導者は
「指導するために来ているのだから
教えるのは当たり前!」

また、ある指導者は、教えないことが
新鮮に感じているのか
「あんまり言ってもねぇ」
という指導者も。

どちらもいい悪いでなないですが、
みなさんならどう考えますか?

私は選手たちのレベルによるかなと
思っています。

初心者の人たちには、ある程度の型は
必要だと思います。
しかし、型ができているのであれば、
工夫を促す言い方をして、
自分で考えることが大事かと。

この線引きは大変難しく、
スタッフの想いと選手の想いが
ある程度一致しなければ成長速度が
ゆっくりとなり、選手たちは迷いが
出てきます。

そんな時に、提案する指導ができれば
成長は加速すると思います。
ですが、このサジ加減は大変難しいです。

みなさんも周りの成長を
加速させるために今どんな場面か
考えてみてください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。