「人(フォーメーション)」と「場所」

日曜日にサッカー少年団にバレーボールの指導をしてきました。
みなさんは多分「なんでサッカーでバレー?」って思うでしょう。(笑)

この少年団は総合スポーツクラブ=いろんなスポーツを経験する場所
と言う考え方を持っていて今回の依頼となりました。

その中で、選手たちの声で「フォーメーションどうする?1−3?2−2?」
そんな声が聞こえてきました。
バレーチームでもランダムにチーム編成をして試合をやる時、「誰がどこに入るの?」
とフォーメーションを考える選手が出てきます。

彼らの中に「スポーツする=形にこだわる」になっているのかなか?
と観察してみました。
することボールの動きよりフォーメーションにこだわり出して
ボールを拾う、繋ぐと言うバレーボールができなくなっていました。

一方、場所を意識してチームは、この辺はあなたね、この辺は私ねと
役割分担がスムーズに行っていて、早くボール来ないかなって
相手チームが揉め出しているのをみていました。

どこに楽しみを見出すかは
選手がそれぞれの価値観でいいと思います。
しかし、こだわりが強すぎると本来のことを忘れてしまうことがあります。
スポーツは常に変化変化があるもので、決めつけで動けるものではないと
思います。

臨機応変という言葉がありますが、多くの選択肢や経験をしないと
対応ができないと思います。
その経験は指導者が押し付けるのではなく自ら考えるということが
大事かと思うます。

「大切なこと」と「順位」

「大切なこと」と「順位」

全国大会に何度も出場されている名将と話をする機会がありました。
色々雑談をしていたのですが、細い部分まで考えて伝えていることが
よくわかりました。

その中でも、気になった言葉は

大切にしていることや、やりたい事は人によって違う。
そしてそれらの順位も違うのだから、
こちらの大切にしたいことを選手たちが忘れるのは当たり前。
それを怒っても仕方ない。
だからコツコツ繰り返して身につけてもらうだけ。

しつもんメンタルトレーニングでも自分らしさ発見で大切なもの
そしてそれのおおよその順位を決めて発表してもうらうワークがあります。

そのかたがこのワークを知っているかどうかはわかりませんが、
実際の指導やっていることが聞けて、嬉しく思いました。

「将来」と「階段」

昨年はコロナの影響もあり講座を開催せずに、
講座の一部を切り取って選手に話をすることが多かったです。

保護者の方から新年という節目で、ぜひやってほしいと要望をいただき
昨日久しぶりに、しつもんメンタルトレーニングの講座を開きました。

中学3年生3人と中学1年生1人の4人の女の子たち。
受験生ということで近い将来の不安を抱え

うっすらと遠い将来を思い描き、とりあえずは勉強。
という感じで今を行動しているようでした。

講座の感想を聞いていくと
・将来のことを考えても、その間のことは考えていなかった。
・この先考え方や未来のことは変わるかもしれない。 いろんな人の話を聞きならがら良い選択をしていきたい。
・ダメな時を考えることは今までしてこなかった。
など

スモールステップを立てると、クリアしないと次にいけないと思われる方も

いらっしゃるかと思いますが、階段でも一段抜かししてもいいし、

時折、一段下がったっていいと思います。
いろんなステップを考えて進み続けて欲しいと思っています。

あけましておめでとうございます。

昨年は後半メルマガ、ブログをサボり気味になってしまいましたが、
それでも見ていただく方いらっしゃり誠に感謝しております。

メンタルトレーニングもテニス、ゴルフ、柔道など
私がやってきってないスポーツの選手と話を聞け
いろんな話を聞けて、それをまとめてと
楽しい時間を過ごさせていただきました。

本年も本日からメンタルトレーニングの依頼を受け準備中

今年も多くの選手にかかわり、少しでも力になればと思い活動していきます。

宮野

「成長」と「我慢」

週末、練習試合や強化練習会などいろんなチームで試合形式という

練習を経験してきました。

普段の練習試合では、あまり選手に声はかけません。
選手たちでどう変化して対応するかを見ています。

強化練習会では、準公式戦に近い形だったので、
少しのアドバイスはしますが、
公式戦のようにタイムアウトを取らずに見ていました。

メンタルトレーナーさんに、

「あの時何を考えていたんですか?」
「なんで伝えなかったのですか?」
など、サポートしてくださった方々と振り返りもしました。

第三者にも入ってもらって、
選手の成長を考えたら私の答えを言わない方が成長につながるのでは
という私の考え方がまとまりました。

ひと昔前は、「そんなのわかってるよ」と
選手が不機嫌になるのを嫌がって
私は言わないという選択をしていました。

今は、「この場面工夫してくれるだろう」
という考え方で言わないという
選択に変わったことが仲間たちのおかげで
確認することができました。

他のチームの保護者や選手から
「中学の時と比べて選手たち変わりましたよね。」
って言われたことが、
彼らの成長にとって正解だったのかと思っています。

みなさんは選手の成長のために、何を我慢していますか?

「らしさ」と「大人」

最近、多くの人(大人と選手)に会っていると感じています。
大人との出会いでは・共感してくれている・違和感があるな・見ている先が違うな・そんな先まで考えているんだなど、本当にあった人それぞれの想いがあることに考えさせられます。
私が見ている選手のほとんどが中学生なので、
そう言った選手を見た大人からアドバイスをもらうと

「学生らしいプレイをしてください。」
と言われたことがありました。
これには違和感でしかなく、
学生らしいプレイってなんだろう?と
選手たちについ言ってしまったことがありました。
大人の考える〇〇らしさは、イメージの押し付けという感じがして
違和感があったのだと思います。

その時選手たちに、
「自分たちの考えるチームがどんなチームなのか、自分たちで考えほしい
私も君たちを見て考える。それをこのチームらしさにすれば周りは関係ない。
これは一生考えることかもしれないけど、みんなで考えていこう。」

みなさんは、〇〇らしさって言葉使いますか?

「集中」と「行動」

メンタルトレーニングをしている選手と話をしていた時に

「うまく行っていないな時にどんな言葉を自分にかけますか?」
と聞いた時に選手は
「まず一本集中と言い聞かせ落ち着かせます。」
と答えくれました。
そこで、少し意地悪なしつもんを
「集中ってどういう行動?」と聞くと
選手は
「え!? 難しいなぁ」と。

スポーツの世界ではよく使われる
「一本集中!」
当たり前のように使うことがありますが、
実はどんなことなのか考えたことがないのが現状で
集中という言葉から何を行動していいのかわかっていないんです。

チームで考える時間を作ってみたり、
指導者と言葉の意味を考えてみたり
してみてください。
言葉の意味であったり、行動については、
自分たちで解釈を作ってしまっていいと思います。

こういった言葉の意味や行動を明確にすることが
ピンチになった時に行動ができるようになります。
ぜひ「集中」という言葉について考えてみてください。

「やっていること」と「やりたいこと」

バレーボールクラスのアップで倒立歩行があります。
アップの1種類なので、そんなに時間をかけたくないのが本音ですが、
最近選手たちは、楽しみにしているようです。

少し前に1人の選手が6mできるようになりました。

それをみていた選手たちが、毎回どうやってやったらできるのか
観察してからやります。
本来は一斉にスタートできるのですが、それも考えると言うことで
あえて時間を取っています。

でも、忘れてほしくないのは、バレーボールをやりにきていると言うこと。
時々、必死になりすぎて失敗しては戻ってやり直しを繰り返し全く進まない
と言うことがありました。

挑戦することは楽しくワクワクして集中力が高まります。
しかし、本来やりたいためのトレーニングから外れてしまうことも。

そのためにはどうしたら戻って来れるかを考える必要があります。
今やっていることは、やりたいことのためになっていることなのか?


常に考えてみてください。


どこで集中力を上げていくかが変わってくると思います。

「下級生」と「上級生」

バレーボールで、中学3年生から小学校4年生ぐらいまで指導をしています。
普段チームでは全員がボールに触れるようにルールを変えたり
上級生に指示を出して工夫をしています。

しかし、イベントなどを開催すると、できる選手だけがやってしまって
せっかく来ている選手がボールにさわれないことがあります。

最近男子チームには中学1年生が何人か練習参加しています。
中学3年生のスピードや高さ、パワーなど遠く及びませんが、
上級生たちは、レシーブを任せたり、スパイクを打たせるためにトスを
彼らに上げています。
そして、いいプレイができたときは一緒に喜んでハイタッチをしています。
そうすることで、1年生のやる気が上がり、もっと上手くなりたいとなっていきます。

では、先に述べたボールにさわれない選手はどうなるのか?
ボールがこない?さわれない?
となれば当然つまらないとなり、スポーツをやめる方向に向いしまいます。
部活動ではなおさらその傾向が強く
できる選手の学校を見ると、
決まった選手プレイしていなかったり、
決めた選手がすごい!と言う雰囲気があるチームでした。

時間や場所に限りがありますが、私はやっぱり多くの選手に
多くボールを触ってプレイしてもらいたいと思っています。

「目の前」と「遠くのゴール」

先日あるサッカー少年団?の指導者からイベントでバレーボールの指導の話が来ました。
メインはサッカーですが、子どもたちの可能性を広げるために、
興味のあるものを時々取り入れているそうです。
夏にはサーフィンもしたとか。

別のサッカー指導者にその話をしたら、
「うちではできないだろうな。他の種目やったら遊んでるんだったら
技術指導をもっとしてくださいって保護者から言われますよ。」と。

クラブの色はさまざまでいいとおもいます。
そして選手がそれを選べる環境であれば。

しかし、そこの考え方に常に子どもが主役であり、
子どもたちがほしいているものなのかが大切だと思います。

子どもたちに関わる以上、目先のことと、遠くのゴールの両方見なければいけません。
車の運転と同じ?なのかなと思っています。
どちらも疎かになってしまうと事故に繋がりますよね。
偏りが多少あることは仕方ないですが、
遠くを見たり、目の前を見たりして子どもたちと接してみてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑