「在籍期間」と「マウンティング」

いくものチームを抱えて活動しています。(スポーツチームだけでなく仕事のチームも含める)

チーム作りの中で、ルールをどう作り
知ってもらうのかにすごく頭を悩ませています。

やりたいと思ってもうことは素晴らしいことだと思います。
そこで、柱となるルールを忘れてしまって
チームを作ってしまうとそこに集まってくるのは
チームではなくて、ただの集まりに遊びとなってしまいます。
遊びであってもある程度ルールがなければ
上手くいきません。

在籍期間などで、自分の意見を通すために
マントを取りに行く人がいます。

昔、昔ながらの規律の厳しい団体に所属して
そこのトップをやらせていただいたことがありました。
後輩たちの指導にあまり口出しをしなかったのですが、
ある後輩が、新しく入ってきた人に
椅子にジャンパーをかける時は、
袖の背もたれに巻きつけるようにしてと説明していました。
同期やすぐ下の後輩に
「あんな説明いつからしてるの?」
と聞くと、
「そんな説明したこともなければ決まりも作ってません」
と答えが返ってきました。
ただでさえ決まり事が多い中で、少しでも簡素化していこうと先輩から
引き継いでいた時だったので、すぐにその指導をしていた後輩を呼び
「すぐにやめなさい」
と伝えました。

後から聞くと
その後輩はやらなくてもいいことを
勝手に作り新人の子達に押し付けていたようでした。
その状況を見ると、その行動を承認してついていくすぐ下の後輩がいて
どんどん歯止めが効かなくなりそうだったようでした。

今もいろんなチーム作りの手伝いや、自分でチームを作って
上手く回せれるようなことを仕事の一つにしています。

在籍期間が長くなるとが、良かれと思ってやっていることが
いつの間にかチームのルールから外れていくことがあります。
「良かれと思って」がタチが悪いですが、
しっかりとリーダーを置き、チームの仲間の行動を
しっかりと見てくことをしないと
チームが崩壊に向かうなと昔の経験を
思い出しながら感じています。

「あいさつ」と「しなければいけない」

少し前ですが、「〇〇しなければいけない」と言う話で
先輩から「その言葉つかではいつまでたってもできないよ。」
と言われたことがあります。

またある保護者から「スポーツマンはあいさつは当たり前」
と言われたことや
選手に話を聞いたときに
「会場に行ったら各学年のコーチにあいさつをしなければいけない」
「代表が来たらみんなであいさつに行かなければいけない」
とチームのルールがあると聞きました。

私は、どちらからかと言うとあいさつは
どっちでもいいかなって思っていたりします。(笑)

私に挨拶に来るぐらいなら
仲間に挨拶をして、コートに挨拶をして
どんどん準備、アップをすすめて欲しいからです。

すれ違う時にはあいさつは必要だと思います。
わざわざ行くとか集まるとかいろんな人の話を聞いて
どうなのかなって感じています。

みなさんどう思われますか?

「憧れ」と「目標」

すでに新学期が始まった学校もあると
聞いています。
コロナ禍での夏休み、みなさんは
どう過ごしましたか?

スポーツ界はオリンピックが開かれ
高校や中学の全国大会もなんとか
開催され関係者の皆さんは大変だった
夏だと思います。

そしてそこで活躍できた選手
応援していた後輩たちなど
昨年に比べると素晴らしい夏が体験
できたのではないでしょうか?

そんな中、中学で全国大会に行った
選手に(1年生で応援)感想を
聞きました。
速い、強いということ言葉の中で、
結局自分のチームの先輩がすごい!
という結果に(笑)

チームのスタイルが明確になっていて
そのチームに憧れて進学しているから
自分のチームや先輩に目を向けるのは
当たり前の行動だと思います。

では、そこから自分の目標のために
これから何をしなければいけないか?
そんなことを聞いて、行動の明確化を
しました。

憧れることは誰しもありますが、
それを近づこう越えようとしなければ
夢物語で終わってしまいます。
夏が終わり、学生スポーツは
代が変わっていきます。

自分たちの代なったからこそ
行動の明確化をしてあげて、チーム
選手の成長を一緒に感じ取り、
憧れを超えて行ってください!!

「怒る」と「すり替わる」

昔、部下にあるとで怒ったことがありました。

お客さんの楽しいを引き出してあげるのが仕事としていたのに、その部下は自分のことを自慢げに話をしてました。

自分は怒り出すと、止まらなくなり関係ないところまで指摘することがあります。

そうなると、納得が行かない部下は、私の上司にそのことを伝えて、私が上司から怒られました。

怒られた内容は、お客さんへのことは全く話に出てこないで、怒った時に上乗せした部分のことでした。

最終的に、私が上司部下に謝って事が終わりました。

???

何かおかしくないですか?

私は、部下から謝られたこともなく、部下はその後も当たり前のように同じ行動を繰り返していました。

論点がすり替わって、自分に返ってきた。

怒っても何も変わらない。

その後、いろいろ面倒になることを嫌い、その部下には一切怒ることをやめました。

結果、その後もお客様からも指摘がありましたが、他のスタッフもいるのでと対応してなりました。

そして、あの人そういう人だからと周りが気を使うようになっていきました。

今でも怒る時に話を広げて過ぎ関係ないこところ言ってしまう事あります。

相手わかるように指摘する。

冷静な時はこころがけていますが、怒る時は瞬発的で、レアケースになるのでこの先をこの部分を鍛えることは難しいと思います。

では、どうするか?

OKラインを緩めていれば怒るところには行かない。

もしくは指摘しない。

みなさんは、どう考えますか?

「言葉」と「信頼関係」


お盆休み中に、バレーボールチームの
OB、OGたちが練習に
参加してくれました。

男子は細かくアドバイスを
してくれて、私が言うより
効果があるんだなと
委ねていたました。

女子は在籍して時から自由奔放で
自分たちが楽しくするために
同窓会的に参加していました。

それでもゲームが始まると
笑いながら仲間に
「ねぇそこは誰ボール?」
「そこはとってよ!」と
厳しい言葉も飛び交っています。
勝ちに行くためには必要な言葉だと
思っています。

練習後
スタッフ間で在籍選手とOGの違いを
確認しました。
そこで他話は、信頼関係。
選手同士仲がいいように見えて
実は、本心を言ってないのでは?
となりました。

喧嘩することが怖くて
表面のことしか見ていないから
して欲しいことなどを伝えることが
出来ない。

これもSNSが選手たちにも浸透して
います。しかし、楽しい部分を伝え
コメントも当たり障りのないコメント
その繰り返しが人への伝え方が
本心ではなくなってきているのかな
と思っています。

このチームのコミュニケーションとは
と選手たちに考えてもらうことが
このチームの課題と改めて感じています。

「頼る」と「頼らない」


昨日、中学生男子バレーボールの
特別練習会のスタッフとして参加してきました。

スタッフには技術指導スタッフでもとVリーグの選手や
メンタル、チームビルディングのスペシャリストなど
豪華なメンバーでした。

私自身は、運営スタッフとして関わっていたので、
選手から少し距離をとってみていました。

スタッフ間での話ですが、
「選手たちがピンチになると、私の方を見るんですよね。」
というスタッフが、
「私はあえて何にも言わないですけどね。笑」
と言う話が。

県トレセンに入るレベルの選手でも、劣勢になると
自信がなくなり、大人がなんとかしてくれる
そんな風に考えているんだなと感じました。

今回のスタッフの共通認識の中に、
「選手を育てる。」と言うテーマがあります。

それは、技術もありますが、人として、選手としての
成長を考えての指導です。

ピンチになった時に人の本性が出ると言います。
大人を見なかった選手は、ピンチの時も
自分のスタイルを貫き、仲間を盛り上げていました。
逆に、大人に頼ろうとした選手は、頼ろうとするのに
仲間の失敗を受け入れずに、周りの雰囲気も悪くなっていきました。

中学の指導期間は短いので、先生たちは答えを全て言っていると
思います。
なので、選手は先生が求める正解の答え探しをしていきます。
だから大人に頼ろうとする部分が出てくるのではないでしょうか?

選手たちの答えを尊重できる指導者が、
選手を大きく成長させるのではないかと思っています。

「主体性」と「先回り」


先週少し、イライラすることが数日ありました。
それは、あるチームの練習後にスタッフ間で話をしていた時です。

あるスタッフが、対応策などを言わずに
現実だけをみて、話をしてきたことです。

話をしていた内容は、私自身もその現場にいるので、
わかっています。
その行動は、彼らのためですか?それともスタッフのためですか?
と聞いてきたことです。

方法を言わず、結果だけを述べているって
どこかの首相と同じですよね。
言葉に重みもなく、ほとんどの人たちがイライラして
お願いしてもそのお願いは聞かなくなっていきます。

では、どうしたらいいのか?

彼らのためと言うのではあれば、彼らが何を求めていたのか?
彼らがなんでそうなってしまったのか?
そこの分析をして、こんな方法はどうだろうか?
もしくは、終わった後ではなく、その場での提案など
方法はあっただろうと思っています。

選手たちの自主性、主体性を意識していますが、
チームで同じ方向に向けるためには、
見守るだけは成長しないと思っています。

保護者や指導者が選手の自主性や主体性を言うことが
あると思いますが、何も手をかけないのではなく
先回りして、その部分を考えなければいけないと
思います。

私自身ももっともっといろんな選択肢を持って対応を
していかなければいけないと考えています。

「イメージ」と「変えられないもの」


県大会を目前に、トレーニングに来てくれた選手との話です。
私:次の対戦相手は?
選手:元県チャンピオンです。
私:今の気持ちは?
選手:ワクワクしてます。
私:なんで?
選手:強い選手とやるの機会は少ないから思い切りやりたいと思えています。

ここへ来て頼もしい発言に私自身も嬉しく思いました。

そこで、どんな試合をイメージしているのかを聞くと
相手の強さがひたすら出てきました。
確かに格上と戦うとり、勝とうとすれば、
相手の強さが何か?
相手の弱さは何か?
を考えなければいけません。

他の選手でもありましたが、ほぼ守備の話になっていきます。
そこで、私は選手に

自分たちの強みは何?

と聞いてみました。
選手は自分の強み、そして仲間の成長した部分を教えてくれました。

私:では、相手のこと、自分たちのことを考えてのゲームプランはどうだろうか?
選手:相手は強いです。だから自分たちの強みを出すために、厳しいコースを打ってみたり
受け身にならずに挑戦していくことが、大切だと思いました。

良い準備ができたと思っています。
相手が格上だと思って考えてしまうと守ってばかりで、
攻めることがでてこないことがあります。
戦術として、粘って粘ってというのもあるかもしれません。

でも決めるイメージを持たなければ、格上からポイントは取れないと思います。
相手の強さは変えられるもではありません。
自分たちがどうするかを意識して
今日の試合楽しんで、たくさん挑戦して欲しいと応援しています!!

「選手のレベル」と「結果」

コロナ前に、バレーボールの合同練習会というイベント企画したことがあります。
その時に、いろんな選手とバレーができて楽しかった。
即席チームだけど楽しかった。
なんて感想をいただきました。

合同練習会は、前半はポジションごとに練習をして
後半は、チームを作ってのゲームを行いました。

ある選手からこのチームがメンバー揃ってて全勝するぞ!
なんて声が聞こえていましたが、
蓋を開けると、このチームは全く勝てませんでした。

なぜこんなことが起きてしまったのでしょうか?

それは、
他のチームはみんなで上手くなろうと考えてプレイしていたのと
こいつはこれができる。あいつはこれができないから俺がやっておけばいい。
という考え方の違いが、勝敗の結果に繋がったのではないかと分析します。

バレーボールは一人ではできないスポーツです。
6人(リベロ含め7人)が同じような実力レベルならいいのですが、
中学生のスポーツでは、当然レベルに差があります。
片方のチームは、みんながボールを触る。そして失敗してもフォローする
という気持ちが生まれていたと思います。

もう一方は、レベルを勝手に決めて、人のボールを横取りして、
本来できる攻撃のタイミングが遅れミスになり、と悪循環でした。

部活の様子を見ていると、イラだっている選手の姿を見つけます。
その行動は、やっぱり人で全てをやろうとしています。

エースと言われる選手に多いですが、
試合でイライラするのではあれば、練習中に、周りの選手を
どう引き上げていくかを考えなければいけないと思います。
それをせずに、試合でイライラするのは間違った行動ではないでしょうか?

普段から先のことを考え、自分が活きるために、周りとどう連携しなければいけないか?
多くのチームはすでに新チームに移行していると思います。
だからこそ、考えて欲しいと思います。

「感情」と「コロナ」

突然ですがしつもんです。
Q1最近どんな時に涙を流しましたか?
Q2心から笑ったできごとは何ですか?
Q3忘れたい悲しいできごとはは何ですか?
Q4どんな時に怒りを感じますか?

スポーツをしている子を対象にしている運動教室では
毎回このようなしつもんを書き出して、
今の状況がどうなっているのかを子どもたちと考えていきます。

このしつもんをした時、
子どもたちはほとんど答えることができませんでした。
なぜなら、大会がなくなり、
学校でも大声を出すことができずに
ただ、淡々と日常をこなしていることが
原因ではないかと考えられます。

あまりにも書けななかったので、
では、オリンピックについてどう思う?と聞くと
別に関係ないし、もしかしたらコロナがもっと広がるかもね
とそのぐらいでした。

イメージができないと以前書きましたが、
感情までもがなくなってきてしまっているのかと思うと
スポーツをやる意義は何なのか考えさせられます。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑