「選手のレベル」と「結果」

コロナ前に、バレーボールの合同練習会というイベント企画したことがあります。
その時に、いろんな選手とバレーができて楽しかった。
即席チームだけど楽しかった。
なんて感想をいただきました。

合同練習会は、前半はポジションごとに練習をして
後半は、チームを作ってのゲームを行いました。

ある選手からこのチームがメンバー揃ってて全勝するぞ!
なんて声が聞こえていましたが、
蓋を開けると、このチームは全く勝てませんでした。

なぜこんなことが起きてしまったのでしょうか?

それは、
他のチームはみんなで上手くなろうと考えてプレイしていたのと
こいつはこれができる。あいつはこれができないから俺がやっておけばいい。
という考え方の違いが、勝敗の結果に繋がったのではないかと分析します。

バレーボールは一人ではできないスポーツです。
6人(リベロ含め7人)が同じような実力レベルならいいのですが、
中学生のスポーツでは、当然レベルに差があります。
片方のチームは、みんながボールを触る。そして失敗してもフォローする
という気持ちが生まれていたと思います。

もう一方は、レベルを勝手に決めて、人のボールを横取りして、
本来できる攻撃のタイミングが遅れミスになり、と悪循環でした。

部活の様子を見ていると、イラだっている選手の姿を見つけます。
その行動は、やっぱり人で全てをやろうとしています。

エースと言われる選手に多いですが、
試合でイライラするのではあれば、練習中に、周りの選手を
どう引き上げていくかを考えなければいけないと思います。
それをせずに、試合でイライラするのは間違った行動ではないでしょうか?

普段から先のことを考え、自分が活きるために、周りとどう連携しなければいけないか?
多くのチームはすでに新チームに移行していると思います。
だからこそ、考えて欲しいと思います。

「感情」と「コロナ」

突然ですがしつもんです。
Q1最近どんな時に涙を流しましたか?
Q2心から笑ったできごとは何ですか?
Q3忘れたい悲しいできごとはは何ですか?
Q4どんな時に怒りを感じますか?

スポーツをしている子を対象にしている運動教室では
毎回このようなしつもんを書き出して、
今の状況がどうなっているのかを子どもたちと考えていきます。

このしつもんをした時、
子どもたちはほとんど答えることができませんでした。
なぜなら、大会がなくなり、
学校でも大声を出すことができずに
ただ、淡々と日常をこなしていることが
原因ではないかと考えられます。

あまりにも書けななかったので、
では、オリンピックについてどう思う?と聞くと
別に関係ないし、もしかしたらコロナがもっと広がるかもね
とそのぐらいでした。

イメージができないと以前書きましたが、
感情までもがなくなってきてしまっているのかと思うと
スポーツをやる意義は何なのか考えさせられます。

「自由」と「責任」

埼玉の昌平高校サッカーの監督の言葉で

自由には責任があり、
その責任は個人が判断して

感じて行動しなさい。
と言われている場面がありました。

練習を見学していた中学生のインタビューでは
自由にやらせてくれるからこの高校に行きたい
という言葉もありました。

この監督さんは、常に自分で判断していることを
選手に伝えていました。
やらない判断も自由ですが、そこには責任がうまれ、
その責任を果たすために、正しい判断ができているかどうかが
問われています。

私の関わる選手の多くは中学生です。
彼らの試合を見ることもありますし、
練習での様子を見ていると、彼らに責任を背負って
プレイしている姿はあまり見られません。

それはなぜか?

言われたことをこなしてきている。
もしくは、こなしていればなんとかなる。
そんな風に考えているのではないでしょうか?

彼らに真剣にやっているか?と問えば、
「やっています!」というかもしれません。
しかし、責任のない行動は、見ていても
何も感じものがありません。

プレイするのは選手たちです。
指導者も選手に関わる方も
選手に責任を持たせ、正しい判断が
できるように促してあげれば、
彼らは伸び伸びと成長していくのではないかと思います。

「時間」と「行動」


みなさんは時間に対して
どんな想いがありますか?

私は、仕事がら移動が多いいので
時間にかなり余裕を持って
移動しています。

そして、終わりも会場を出る時間も
限られていることが多いので、
多分かなり時間に厳しく動いていると
思います。

なので、時間にルーズな場面は
イライラします。

その中で、チームなどで関わっている
子どもたちの行動は最近イライラさせ
られます。

準備の時間、片付けの時間。
ある程度見てから、だらだらと準備、
片付けをしている姿を見ていると、
どうしても小言が出てしまいます。

そして、保護者の方が片付けなども
お手伝いしてくださいます。

大変ありがたいことなんですが、
子どもたちに自分たちで時間を守る
という部分を意識されるためには
手伝っていただくない部分です。

保護者にも伝えてはいますが、
終わりになると片付けを始めて
しまいます。

時間は無限ではないので、
今のうちにしっかりとそのことを
知って、大切に使ってもらいと
考えています。

みなさんは時間に対してどんな想いが
ありますか?

「笑顔」と「だんまり」

バレーボールの練習中に、部活とクラブの練習と
どっちが楽しいって聞いたことがあります。
すると選手は
「部活が楽しい訳がない!」
と、なんで部活を選んで、バレーをしているのか
不思議になる答えでした。

「クラブでバレーやると失敗してもわらっているよね。なんで笑うの?」
と聞くと
「あ〜だめだったって思いながら次に切り替えるため⤵︎?」

と少し疑問形な答えが。
周りの選手も「切り替えはできるかも」と。

確かに、笑ったあと厳しいボールをだしても、
必死に追いかけていることは明らかでした。

では、「部活ではどうなの?」と聞いてみると
「顧問が入ってきたらしゃべりません。」

なんかすごくもったいない感じを受けました。
好きでバレーをやってわざわざクラブに入って
やるぐらいの選手たちが、
毎日2時間ムスッとしながら事をする。

これは子どもたちのためなのか?
本当に考えさせられます。

「自分で」と「相手を」

土曜日に、中学生のクラブチームの大会に行ってきました。

女子チームは最後の練習で、格上との練習試合。
途中、失敗を笑ってごまかすような場面を見ました。
前々回の練習では「笑う」「楽しい」ということの
変わったと感じた練習ができていたので、
少し残念に思ってみていました。


その時女子の監督さんが「相手チームは学年も上だからね」(嘘)
と選手たちへ言葉がかけられました。
すると、プレッシャーがなくなったのか、動きが良くなり、
決まらないながらもラリーが続くようになりました。


男子チームは大会で、
得失点差や相手の言葉に翻弄された1日でした。
常に相手を意識して自分たちで
プレッシャーをかけてそしてミスが。


最終的に私が選手に言った言葉は
「もう相手のことを考えるのはやめよう。
 今、できることを丁寧にやって、もっと楽しもう!」でした。
この言葉で選手たちがどう感じたのかはわかりません。

勝負ごとにおいて必ず相手があり、順位がつきます。
しかし、そこにばかり意識するあまりに自分で
プレッシャーをかけて、動きが悪くなる場面を多くみます。

そんな時にどんな言葉が選手にいい影響を与えることができるのか?
大会が近くになるにつれてそんなことばかり考えて
終わると、あのタイミングでよかったのかあの言葉でよかったのか
反省ばかりしています。

みなさんはどんな声かけをしていますか?

「自由」と「発想」

ある指導者と話をしたときに、
「怒るとシュンとしちゃって、プレイに影響するんだよね」
という会話がありました。
私は
「影響することをなんで言うのだろうか?」
と思いながら、指導者としての立場でもありますので、
この部分の難しさはわかっているつもりです。

言わなければいけないことはしっかりと言わないとけない。
これは指導者の立場。

選手はどうなのか?
「そんなのわかってる」「で、どうしたらいいのかを教えてくれ」「面倒臭いな」「うるさいな」「やるのは俺たちだ」
いろんなことを考えると思います。

しかし、一番は表現の仕方がわからないのではないでしょうか?

ある保護者と選手と話をしていた時保護者は「空気が読めない」といい選手は「それはわかってるんだけど、どうしていいのかわからない」
と話をしていました。

結局、選手たちが選手の表現をしていることが
抑えられていて、どうしていいのかがわからない
と言うところに問題があるのではないかと思います。

自由に練習や試合をさせて見て、
それに対してのフィードバックをしてみは?
(いいことのみ)
そうすることで、選手たちが気付き考えてくれると思います。
するとプレイスタイルが変わってるし、
それらの問題を解決することができると思います。

「見ること」と「やること」

週末いろんなチームの下級生の行動がすごくきなりました。
「勝ちたい」「うまくなりたい」
と言うものの、行動は憧れの先輩たちをみているだけ。

先輩たちはすごいな!あんな風になりたいな!
と思っているかもしれませんが、思っているだけでは
結果はついて来ません。

この先輩たちは、昨年苦しく、キツイ練習をしてきたからこそ
身になりハイレベルのことを楽しそうにやることができるのです。

私自身も、「昔その場の雰囲気を知ればうまくなる」
そんな風に思っていた時がありました。

しかし、いくら環境が整っていても、やるのは選手自身。
自ら動かなければうまくなることはありません。

あと1ヶ月で学年が上がり、後輩ができます。
見本となるように1ヶ月どう取り組まなければいけないのか
考えてみてください。

「がんばる」と「目標」

小中学生のメンタルトレーニングの時の話です。
「練習はがんばってます!」
と言い切る選手たち。

「目標は?」と聞けば
「全国大会出場!」「〇〇大会上位に入ること!」
スポーツをしている選手ではごく当たり前の目標設定のような
会話だと思います。

ここで、
「その目標は今の練習で達成できること?」と聞くと
選手たちは首をかしげながら「わからない」と答えます。

「君たちは目標を達成するためにがんばってるんだよね?
練習をがんばってるって言っているよね。
目標のために練習をしていいて、練習をがんばっているのに
なんで目標達成できないと思うの?」
と聞くと沈黙していまいます。

実は、選手は目標のためにがんばっているのではなく、
監督やスタッフ、保護者のためにがんばっていて
目標はいつの間にか言っているだけになっているのです。

多くの選手を見てきて、目標を達成できない選手は、
本気で目標を達成しようとしていない事が多いです。
そして、目標がすり替わってスポーツを行なっています。
だから、目標が達成できないのだと思います。

今一度本気で目標達成に向けて行動しているかどうか
考えてみてください。

「成長」と「悔しさ」

週末、3チームの練習に参加してきました。
私が関わっているチームでは「スポーツをどう楽しむか?」を考えて
自分たちで楽しむ姿勢を表現することをやってもらっています。

当然ですが、チームのレベルが違いますので、「楽しむ」の捉え方が違います。

Aのチームは、自分たちで厳しい技術の要求し、それを完成させる楽しさや選手同士でも勝負を楽しんだり悔しがったりします。
Bのチームは、常に楽しむために決まった時は喜び、失敗した時も集まって声を掛け合って確認します。
Cのチームは、決まった時は喜びますが、失敗した時は笑っていることが多かったです。

少し前ですが、ある指導者に感情を出すようになるにはどうしたらいいか?と会話したことがあります。
その時その指導者は「成長曲線って知ってるよね(上記のグラフ)あのグラフにはないけど、身体の成長に応じて悔しがって上手くなりたいって感情ができてくるんだよ。こちらから感情を押し付けると燃え尽き症候群のようになってスポーツを長くやろうとしなくなると思っています。」と話してくれました。

この3チームは全部中学生ですが、失敗しても笑っている選手は1年生が多く、身体的にも成長はまだまだ発展途中の感じがします。同じ一年生でも、身体的に成長の早い選手は、悔しがるという感情も見られることもあります。

学校では学年で区切られることが多いと思います。
それでも身体の成長は人それぞれ。
その人その人にあった目標設定や感情を見て
アドバイスすることがが必要だと思っています。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑