「あっち側」と「こっち側」

かなり前の話ですが、ある競技の元ナショナルチームの選手とイベントを

何回か行ったことがあります。

その時、その選手から
「宮野さんはこっち側の人だから早くこっち側に来てください」
と言われたことがありました。
これだけ聞くとなんのことかわかりませんよね。


また、ある協会の理事の方から
「私は、私が関わった人の変化の瞬間に立ち会えるからこの仕事をしています。
宮野さんは、今その瞬間じゃないですか?」
と言われたことも。

お二人とも、コーチングを学び、コーチングをうまく使って
自分の仕事して、関わる方々の成長をお手伝いしています。
数回のイベントなどで、関わりこういったことを言ってもらえたことは
当時すごく嬉しく感じ頑張ろうと行動をしていたと思います。

先日、ある保護者と話をしていた時、
「実は体験に来たときに、先輩の保護者の方から、うちの子はこのチームで
変わったんですよ。競技はもういいやって言っていた時があったのに
今はすごく楽しいらしく、そして次のステージでは上を目指すんだ!って
言うようになったんですよ。
だからここにくれば変わってきますよ。って話をしてもらいました。」
と言っていました。

先輩選手の変化には気づいていましたが、
選手の変わる瞬間に立ち会っていたとは思っていませんでした。
この話を聞いて、そっち側の人になれたのかなって思いました。

お二人の影響は私にとって大きなものです。
そして行動し続けることで、少しでも彼らに近づけるのかと
改めて感じています。
時が経て、お二人はさらに高いところに行っていると思いますが、
そんな背中を遠くから見て追っかけていきたいと思いました。

みなさんの影響された人はどんな人ですか?

「信頼」と「言葉」

事務所として、メンタルトレーニングの場所として
使っていた場所を5月いっぱいで出ることになった
宮野です。

公共施設を使ったり、車の中でデスクワークなど
この1ヶ月は色々考えながら仕事を楽しんでいます。

個別のメンタルトレーニングのご予約は
会場を借りる関係でお早めにご連絡ください。

「信頼」と「言葉」


知り合いからオリンピックのチケットを譲り受け、
昨年延期になった時には、きっとなんとかなるだろう。
と希望的にキャンセルせずにいます。

しかし、今の状況で東京に行くことは考えにくく
諦めています。

なぜ諦めているのか?
昨年の今頃、春の大変な時期の経験をして
1年の猶予があればなんとかなる。
と考えていました。

残念ながら、政府の説明が丁寧になされていない
と感じているからです。

スポーツの現場はどうでしょうか?
監督がこれをやる!という言葉で選手たちは動きます。
しかし、成果が出なかったり、細かな理由の説明が
なされない場合は、理不尽と思い
信頼がなくなり、選手たちは、怒られないため
だけにスポーツを行うことになると思います。
これでは、選手の技術、人としての成長も
得ることは難しいと考えます。

みなさんは、周りの選手たちにしっかりと理由が言えるでしょうか?
ぜひ、いろんな行動に関して、理由が言えるの考えてみてください。

「リーダー」と「フォロワー」

いくつかのチームで、キャプテンを決めることにアドバイスしたことがあります。
その中で、選手がやりたいとアピールする選手。
アピールはしないけど自分になるだろうと思っている選手。
私に無理だから関係ないと思う選手。などのパターンを見受けれます。

やりたいと思っている選手になんで、キャプテンをしたいのか?
を訪ねたときに、色々指示してをすることがかっこいいと
いう言葉が出てきました。

あるチームでは、キャプテン選考のために、
日替わりでキャプテンを経験させて
決めるというチームがありました。
しかし、やりたいアピールをしていた選手が
声をかけても仲間たちは、この選手の思っていた行動を
とっていた選手が少なく、「なんで!」と嘆いていました。

これは、リーダーとフォロワーの関係を理解していないから
起こりうる行動かと思います。

仲間がいなければ、リーダーを作れません。
リーダーとは誰のためなのか?
そして、フォロワー(仲間)は
チームの成長をするために、目標を達成するために
誰をリーダーすることがいいのかを考えなければいけません。

キャプテンとか部長は決めてしまうとなかなか変えることはできませんが、
ここで個人個人が場面場面でリーダーになることは可能だと思います。
ぜひ考えてみてください

「葛藤」と「行動」

少し前の話になります。
トレーナー仲間の屋号が、
ほぼ真似をされているということがありました。
そのとき仲間のトレーナーは、
かなり怒っていて、共通の先輩から
注意をしてもらうと言う事を考えていました。
結局どうなったのかは聞いていませんが、
相手の屋号も変える事なく、今も続いています。

私自身も、知り合いが同じようなスクールを
開講するのを聞くと
「もっと早く教えてくれれば」とか
「一緒にやろうって言ってなのになんで?」とか
「その案おれが教えたことなのに」など

イライラしてしまいます。

しかし、自分はどうか?って考えたとき
そのような連絡ができているか?
不安になりました。

そして今行っていることが何のためなのか?を
考えたとき、まだまだ行っている人少ない業界なので、
いろんな意味で広がっていくことが大事。

今は、これからどんな展開をしていくのかを
考えることが楽しく応援することにしています。

みなさんは競合などあったときどんな風考えますか?

「成長」と「後戻り」

 人は常に成長し続けています。
このことはみなさんご存知だと思います。

では、どこをみて「成長」と捉えていますか?

長いスパンでみていくと、少し後戻りすることもあると思います。

みなさんは高い技術を求めて、練習していると思います。
そこで、伸びが必ず悩みがあるでしょう。
成長は、登っていくだけではありません。

大人が、そんな時に「なんで、できないんだ!」と
言ってしまったら選手たちはどう考えるでしょうか?

どんなに簡単なことでも、高いレベルと求めてしまうと
できなくなることがあります。

そこに大人が更にダメだしする必要はあるのでしょうか?

そんな選手の気持ちを理解してあげれば、
ダメ出しではなく見守れると思います。
見守ることで、成長のステップの幅が

大きくなるでしょう。

選手たちは、もがいています。

上だけを見るのではなく、

安心して、少し下がって確認ができれば、
自分自身で大きな成長を勝ち取れると思います。

みなさんは、見守りながらどんな声かけをしてあげますか?

「笑顔」と「だんまり」

バレーボールの練習中に、部活とクラブの練習と
どっちが楽しいって聞いたことがあります。
すると選手は
「部活が楽しい訳がない!」
と、なんで部活を選んで、バレーをしているのか
不思議になる答えでした。

「クラブでバレーやると失敗してもわらっているよね。なんで笑うの?」
と聞くと
「あ〜だめだったって思いながら次に切り替えるため⤵︎?」

と少し疑問形な答えが。
周りの選手も「切り替えはできるかも」と。

確かに、笑ったあと厳しいボールをだしても、
必死に追いかけていることは明らかでした。

では、「部活ではどうなの?」と聞いてみると
「顧問が入ってきたらしゃべりません。」

なんかすごくもったいない感じを受けました。
好きでバレーをやってわざわざクラブに入って
やるぐらいの選手たちが、
毎日2時間ムスッとしながら事をする。

これは子どもたちのためなのか?
本当に考えさせられます。

「自分で」と「相手を」

土曜日に、中学生のクラブチームの大会に行ってきました。

女子チームは最後の練習で、格上との練習試合。
途中、失敗を笑ってごまかすような場面を見ました。
前々回の練習では「笑う」「楽しい」ということの
変わったと感じた練習ができていたので、
少し残念に思ってみていました。


その時女子の監督さんが「相手チームは学年も上だからね」(嘘)
と選手たちへ言葉がかけられました。
すると、プレッシャーがなくなったのか、動きが良くなり、
決まらないながらもラリーが続くようになりました。


男子チームは大会で、
得失点差や相手の言葉に翻弄された1日でした。
常に相手を意識して自分たちで
プレッシャーをかけてそしてミスが。


最終的に私が選手に言った言葉は
「もう相手のことを考えるのはやめよう。
 今、できることを丁寧にやって、もっと楽しもう!」でした。
この言葉で選手たちがどう感じたのかはわかりません。

勝負ごとにおいて必ず相手があり、順位がつきます。
しかし、そこにばかり意識するあまりに自分で
プレッシャーをかけて、動きが悪くなる場面を多くみます。

そんな時にどんな言葉が選手にいい影響を与えることができるのか?
大会が近くになるにつれてそんなことばかり考えて
終わると、あのタイミングでよかったのかあの言葉でよかったのか
反省ばかりしています。

みなさんはどんな声かけをしていますか?

「自由」と「発想」

ある指導者と話をしたときに、
「怒るとシュンとしちゃって、プレイに影響するんだよね」
という会話がありました。
私は
「影響することをなんで言うのだろうか?」
と思いながら、指導者としての立場でもありますので、
この部分の難しさはわかっているつもりです。

言わなければいけないことはしっかりと言わないとけない。
これは指導者の立場。

選手はどうなのか?
「そんなのわかってる」「で、どうしたらいいのかを教えてくれ」「面倒臭いな」「うるさいな」「やるのは俺たちだ」
いろんなことを考えると思います。

しかし、一番は表現の仕方がわからないのではないでしょうか?

ある保護者と選手と話をしていた時保護者は「空気が読めない」といい選手は「それはわかってるんだけど、どうしていいのかわからない」
と話をしていました。

結局、選手たちが選手の表現をしていることが
抑えられていて、どうしていいのかがわからない
と言うところに問題があるのではないかと思います。

自由に練習や試合をさせて見て、
それに対してのフィードバックをしてみは?
(いいことのみ)
そうすることで、選手たちが気付き考えてくれると思います。
するとプレイスタイルが変わってるし、
それらの問題を解決することができると思います。

「調子」と「自信」

ある選手のメンタルトレーニングでは、
「最近うまくいっていることは何ですか?」
と言うしつもんから毎回スタートしています。

今回は、プレイ面の話が出てきました。
「最近、〇〇が調子がいいので、そこが上手くいっています。」
と言う話でした。
そこから、
なんで調子がいいのか?変えてことは何か?
など深掘りをしていきます。

すると、
「今、このプレイは自信を持ってすることができます。」
と教えてくれました。

そこで、「自信」ってどうして思ったのかを聞いてみました。

この選手は、
「今までのプレイよりも精度も上がったことが分かったから」
と答えてくれました。

多くの選手は結果に目を向けすぎてしまい
自分のしてきていることに自信が持てない選手が多いです。
でも、相手とか結果とかではなく、
やってきた過程を大事にすることが、
「自信」につながると思っています。

みなさんの周りの選手は自信を持ってから大会を迎えていますか?

「見ること」と「やること」

週末いろんなチームの下級生の行動がすごくきなりました。
「勝ちたい」「うまくなりたい」
と言うものの、行動は憧れの先輩たちをみているだけ。

先輩たちはすごいな!あんな風になりたいな!
と思っているかもしれませんが、思っているだけでは
結果はついて来ません。

この先輩たちは、昨年苦しく、キツイ練習をしてきたからこそ
身になりハイレベルのことを楽しそうにやることができるのです。

私自身も、「昔その場の雰囲気を知ればうまくなる」
そんな風に思っていた時がありました。

しかし、いくら環境が整っていても、やるのは選手自身。
自ら動かなければうまくなることはありません。

あと1ヶ月で学年が上がり、後輩ができます。
見本となるように1ヶ月どう取り組まなければいけないのか
考えてみてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑