「リーダー」と「フォロワー」

いくつかのチームで、キャプテンを決めることにアドバイスしたことがあります。
その中で、選手がやりたいとアピールする選手。
アピールはしないけど自分になるだろうと思っている選手。
私に無理だから関係ないと思う選手。などのパターンを見受けれます。

やりたいと思っている選手になんで、キャプテンをしたいのか?
を訪ねたときに、色々指示してをすることがかっこいいと
いう言葉が出てきました。

あるチームでは、キャプテン選考のために、
日替わりでキャプテンを経験させて
決めるというチームがありました。
しかし、やりたいアピールをしていた選手が
声をかけても仲間たちは、この選手の思っていた行動を
とっていた選手が少なく、「なんで!」と嘆いていました。

これは、リーダーとフォロワーの関係を理解していないから
起こりうる行動かと思います。

仲間がいなければ、リーダーを作れません。
リーダーとは誰のためなのか?
そして、フォロワー(仲間)は
チームの成長をするために、目標を達成するために
誰をリーダーすることがいいのかを考えなければいけません。

キャプテンとか部長は決めてしまうとなかなか変えることはできませんが、
ここで個人個人が場面場面でリーダーになることは可能だと思います。
ぜひ考えてみてください

「イメージ」と「現実」

新型コロナウイルスの感染者がなかなか減らない。

近々の大会も中止や延期が言われるようになり
選手たち「今」をどう考えるかを
テーマにメンタルのセッションをしています。

通常は昨年の先輩たちの経験をもとに

自分と照らし合わせて、イメージ

を作っていくと思います。

しかし、昨年も大会が出来たかと言うと

それもまた違い、うまくイメージが

できていない選手が多いです。

ゴール設定をしても、

まず最低ラインを思い浮かべて、

できたらここまで行きたいという

言葉が多いように感じています。

イメージをすれば、行動がそこに近づきます。

低いイメージを自分で作ってしまえば、

やっぱりそこまでになってしまいます。

コロナ以前のそれぞれの種目など

インターネットたくさんでていると思います。

同じようにはできないかもしれませんが、

自分が目指すべきところはどこなのか

しっかり考えイメージをしてみてください。

「自分の想い」と「人の想い」

4月も、もうすぐ1ヶ月になります。
進級や先生の転勤など、
子どもたちの環境が大きく変わっている方も
いらっしゃると思います。

そんな中、

「先生からむちゃぶり?された!」

「うまくできるようになったプレイのフォームを直されてできなくなった」
という何人かの選手からの相談を
受けました。

そのとき聞くことは
「先生から理由を聞いた?」です。
すると選手たちは
「聞いてないです」と。

これでは、何をアドバイスしていいのかわかりません。
「なんできかないの?」と聞くと
選手は「先生がこわいからきけない」と言ってきます。

そこで、「試合に勝つためと、先生に聞くこととどっちを選択する?」
と聞くと黙ってしまいます。

先生方は何か意図があってフォームを変えたり無茶振りをしていると思っています。
そして、その課題を乗り越えることで大きな成長があると考えています。

その意図を知らずに練習をすることは
真っ暗闇を進んでいくのと同じことだと思います。
先生に意図を聞くことで、その選手のゴールを照らし
道標になるのではないでしょうか?

新しい環境でいろいろ大変な時期だと思いますが、
不安を解消するために、自分の想いだけでなく、
人の想いをしっかりと汲み取って
よりよい選手になってほしいと思っています。

「継続」と「成長」

4月はいろいろ変わる季節です。
その中で、聞かれる言葉は「とりあえず、様子をみます。」

変わることは、初めからわかっているにもかかわらず
まわりのことを先にかんがえるのであれば、
様子をみるのであれば、その事柄は必要ないものかと思います。

4月になり前年度やってきたことを継続することも大事ですが、
変化を怖がらずに新しく何かをやってみようと動き出すことも大事です。

人は変化することを怖がります。
怖がっていたら成長はありません。

大きく変わる環境で、先にこれは大事にしょうと考えれば
環境に影響されずに自分の選択を大切にすることができます。(事前にわかることはしっかり調べてくださいね。)

変化を楽しむことが人として大きな成長につながると思います。
自分が何を大切にして、どうなりたいのか?
そのために何を変えていかないのか?
ぜひ、この4月に考えて見てください。

「ありがとう」と「恩返し」

この3月いくつかのチーム、グループから卒業しました。
私が代表を務めているバレーボールの浜松ベアーズは、
いつでもバレーができる場所という意味合いで、
卒業とか引退という言葉は使わずに、
中学3年生はユニフォームを返すことで区切りにすることに
しました。

選手からサプライズでいただいた寄せ書きや、
式後に保護者から「ありがとうございました」と
いう言葉をたくさんいただきました。

このように区切りの式では、きっと指導者は
「おめでとう」ということが普通だと思いますが、

私は彼らや彼らの保護者から多くのものを
いただいたと感じているので
「ありがとうございます。」「ありがとうございました。」
という言葉しか出てきませんでした。

少し前にメンタルトレーナーの間で
「恩返し」から「恩送り」
って考え方はどうか?
と話になった時がありました。
もらったものをその人に返すのではなく他の人に返すこと。

昔観たアニメで「等価交換ではなく10もらったら1プラスして11にして返す」

恩返しの考え方も様々でいいなって思います。

いろんな区切りを経験して、親はなんで子どものために
いろんなことをするのか? 
が気になってきました。
きっと、親のお父さん、お母さんたちに

形は違えど、応援されてもらったことを
自分の子どもたち、きっと等価ではなくプラス1や2もしくは
もっとたくさんプラスして恩送りをしているのかな。
と感じました。

ありがとうを言い合える立場と
そのありがとうからどう行動して
恩を誰に返していくのか

みなさんもこの時期いろいろな区切りを経験していると思いますの
ぜひ、考えてみてください。

「大切なこと」と「順位」

「大切なこと」と「順位」

全国大会に何度も出場されている名将と話をする機会がありました。
色々雑談をしていたのですが、細い部分まで考えて伝えていることが
よくわかりました。

その中でも、気になった言葉は

大切にしていることや、やりたい事は人によって違う。
そしてそれらの順位も違うのだから、
こちらの大切にしたいことを選手たちが忘れるのは当たり前。
それを怒っても仕方ない。
だからコツコツ繰り返して身につけてもらうだけ。

しつもんメンタルトレーニングでも自分らしさ発見で大切なもの
そしてそれのおおよその順位を決めて発表してもうらうワークがあります。

そのかたがこのワークを知っているかどうかはわかりませんが、
実際の指導やっていることが聞けて、嬉しく思いました。

「練習」と「挑戦」

ある選手から、「指導者がいなくなると、ある選手が遊び出して困る」
と相談を受けました。「なんで困るの?」と聞くと
「言われてない事だし、試合で決まらないプレイだから」
そんな回答が返ってきました。

スポーツをする上で遊んでいるという感覚があるかが
大切だと思っています。

相談に来た選手は、真面目でできるプレイの精度を上げる事、
練習は厳しいものという思いがあるようです。

ある一流選手は、日本のプロリーグまで、とにかく楽しく遊びの延長で練習も試合もできた。
海外に行ったらそれが少しできなくなってつまらなかった時もあったけど
他の選手と馴染めるようになると、また同じ思いでプレイする事ができた。
と言っていました。

遊び(余裕がある状態)だから新しい挑戦ができ
クリエイティブなプレイが生まれてきます。

しかし、ガチガチに考え方を固められると、挑戦する事が
間違ったプレイをしていると勘違いすることも生まれてきます。

遊んでいると思われるやり方は少し考えないといけませんが
できないことをやろうとするのはとても大切なこと。
その気持ちが成長を促すと思っています。

なので、この選手には「できないことをするのが練習。まぁ、遊んでいると思われる行動は微妙だけど、
自分も何か難しいプレイに挑戦してみたら?
練習中も歯を食いしばらなくていいから力を抜いていろんなことやってみようよ」
とアドバイスしてみました。

みなさんどう考えますか?

「ワクワク」と「チャレンジ」

あるスポーツ漫画の感想で、
「必殺技(実際ではできないもの)があるわけではないのに引き込まれました。」
というものがありました。

「キャプテン翼」は必殺技を繰り返してワクワクする
「スラムダンク」は必殺技なしですが、高校生がプロのようなプレイをしている姿
が、自分ができるかもと投映してワクワクする

スポーツはワクワクするものという括りにしすれば、どちらも変わらないと思います。

現在、これらのプレイをやってみよう!という動画がいくつかYouTubeに
アップされています。

中には、キャプテン翼の必殺技をプロの選手がやってものあります。

しかし、スラムダンク的な描写はあんまり真似をしようとしません。
リアルすぎて、できないという事をみんなが知っているからです。

できないと分かっていてもやってみようと思うからこそ成長につながります。
漫画のリアルは学年とスポーツの実際とでは少しギャップがあるかもしれませんが
やってみようというチャレンジはとても大事です。

ぜひみなさんも「無理!」と決めつけずにやってみてください

「応援」と「期待」

選手は当然ですが、ジュニアアスリートたちと関わっているので
保護者の方とお話をする機会が多くあります。

そこで、保護者の方とお話をしていると、
「楽しくやってくれれば」
「スポーツをやる環境だけは整えてあげたい」
という話がメインになる事が多いです。

その話の中で
「小学校の時は・・・」
「以前やっていた競技では・・・」
と、何かを選手たちに期待している部分も見え隠れしています。

少し前ですが、全国大会に出たことのある選手に
「お父さんから色々気にして連絡くれてるよ。実際どう思ってるの?」
と聞いた事があります。

すると選手は
「親が熱くなり困るんだよね。ちょっと頑張れば、
 大会と全国がって言ってくるから、
違うスポーツやってみたい!って言ったのに」
と本音かどうかは分かりませんが教えてくれました。

いろんな競技で代替大会が始まっています。
大会が始まるということは敗戦し、学生スポーツを終える選手がいて
代が変わっていきます。

応援の仕方について考えてみてください。
見返りを求める応援は、選手へのプレッシャーとなり
応援しているにもかかわらず、選手たちはスポーツを辞める
きっかけになる可能性にもなります。

代が変わるこの時期、保護者の皆さんで話し合ってみてください。

「勝ち」と「負け」

ジュニアアスリートがトレーニングにくる時、
前半いろんな話を聞いたり、話したりしてからトレーニングに入っています。

そこで、選手から昨日の試合は、1回戦で負けて、次は勝ったけど、
またその次で負けてしまったと話が出ました。

話を進めていくと、負けると練習の成果が得られないから
と話してくれました。

負ける事は悪い事ではないです。
でも、勝ち負けを気にしているようです。

そこで、大会前に何を練習した?
そして、練習した事が試合でできた?
と聞くと、練習した事を考えて試合をしていなかったと。

練習は試合で成果を出すためと理解しているのに
練習でしたことを確認せずに試合に入っていけば、
うまくいかないのはみなさんも分かりますよね。

勝ち負けにこだわりすぎるあまり、
やるべきことを忘れてしまう。

勝ち急いで逆転負けなんてこともよくありますが、
今何をするかを常に意識していれば、このような事がないと思います。

試合前にやるべきことをしっかりと確認する時間作ってあげてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑