「下級生」と「上級生」

バレーボールで、中学3年生から小学校4年生ぐらいまで指導をしています。
普段チームでは全員がボールに触れるようにルールを変えたり
上級生に指示を出して工夫をしています。

しかし、イベントなどを開催すると、できる選手だけがやってしまって
せっかく来ている選手がボールにさわれないことがあります。

最近男子チームには中学1年生が何人か練習参加しています。
中学3年生のスピードや高さ、パワーなど遠く及びませんが、
上級生たちは、レシーブを任せたり、スパイクを打たせるためにトスを
彼らに上げています。
そして、いいプレイができたときは一緒に喜んでハイタッチをしています。
そうすることで、1年生のやる気が上がり、もっと上手くなりたいとなっていきます。

では、先に述べたボールにさわれない選手はどうなるのか?
ボールがこない?さわれない?
となれば当然つまらないとなり、スポーツをやめる方向に向いしまいます。
部活動ではなおさらその傾向が強く
できる選手の学校を見ると、
決まった選手プレイしていなかったり、
決めた選手がすごい!と言う雰囲気があるチームでした。

時間や場所に限りがありますが、私はやっぱり多くの選手に
多くボールを触ってプレイしてもらいたいと思っています。

「同意」と「やる気」

いろいろなチームに関わらせていたたいています。

そのなかでうまくチームが機能していないチームにも出会うことがあります。

チームは生き物?(言い方が変かもしれませんが)なので、どう成長するのか?は誰にもわかりません。

にも関わらず、誰かがおかしい、違うと言い出すことがあります。
(保護者が言い出すことがおおいですけどね)

そうなるとどうなるか?
一番困るのが選手です。

何を信じていいのかがわからなくなっていくからです。

やることがわからなくなると、やる気が低下していきます。

変化は成長につながります。

新しいことをしなければ先にも進めません。
なので、監督、コーチは何をしているのかを説明しすることが大切です。
説明があると、選手たちも同意でしてやるべきとに向かっていけると思います。

そして、批判をしていくのはなく、最善の方法は何かを考えて行動してください。
素晴らしいチームになるために自分の行動はどうなのか考え見てください。

「自分でやるか」と「やらされるか」

小中学生の教室をやっていると、参加者のやる気に波があります。

それは、生活をしていていろんな感情があるからだから仕方ないと思っています。

しかし、ここでどう切り替えれるかが大事だと思います。

私の中で指導とは「気づきを与えること」で、教えることではないと思っています。

なので、じっと選手たちを見ていることが多いですし、選手たちは遊びに走ってしまうことがあります。

遊びになっても、そこからの学びがあればいいと思います。気づくこと大事。

大体、他の指導者がしびれを切らして、手をかけてしまいますけどね。

この時、選手たちには、「自分からやる!」って決めることが大事だと伝えます。選手たちの生活のほとんどが、「やらされている」状態です。

だからスポーツを行うときは常に自分から行動してほしいと思います。

自分が好きで楽しい場所、だから自分から行動するところにスポーツがなってほしいと思います。

「声」と「テンション」

チームスポーツに限ったことにな
るかもしれません。

スポーツは楽しいけど、練習はき
つい。もしかしたら家で学校での
できごとで、テンション(やる気)
が上がって来ないことがあるかも
しれません。

そんな時、仲間の誰かが声を出す
とその声が伝染してい行き、テン
ションも変化していきます。

中学生ぐらいだとこの声を出す
ということできずに、先生や監督
にやらされて、だんだんスポーツ
に集中していくことができるよう
になります。

これだと、先生VS選手となって
しまい、本来のスポーツを楽しむ
ことはできないと思います。

ブレス浜松のトップチームの横で
ジュニアスクールの手伝いもして
いますが、トップチームの選手た
ち常に声を出していき、苦しい練
習やゲーム形式の時は特に声が大
きくなっていき、みんなで盛り上
げています。

こういったテンションで練習は
試合の雰囲気にも似てきます。
試合で自分の実力を出し切るた
めにも、常にテンションをあげ
て練習を自ら行うという行動へ
つなげてもらいたいと思います。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑