「ワンウェイ」と「インタラクティブ」

強いリーダーが出てくると、言葉のやりとりがワンウェイ、つまり一方通行になります。

なぜか、リーダーが他の選手に確認したいのと、他の選手が何も言えないの2つの理由があると思います。

インタラクティブつまり対話がなされていないのです。

すると、その他の選手は集中力をなくし、どこか上の空状態。
本人は頑張っているというのかもしれませんが、行動が伴いません。

これは、必要とされていないと感じている部分が集中力の欠如に繋がるのかと思います。

中学や小学校の試合をみていると時々こんな選手がいます。

こんな時に皆さんはどうしますか?

多くの人は集中力のない選手を怒るのではないでしょうか?

原因は、スタッフがしっかりと役割を与えていないことが一番の問題点。
リーダーがその役割を理解していれば、そこには対話が生まれてくると思います。

役割がしっかりしていれば集中力も持続します。

皆さんの周りのグループがどうなっているのか一度観察してみてください。

「リーダー」と「ランク付け」

男の子たちはランク付けが大好き
です。

だから勝ち負けのあるスポーツに
興味を持ち、上位に行きたいと考
えるのかもしれません。

なかには、上位にいることで、
安心を得ている選手がいます。

気がつくと、自分の周りには格下
となる人たちを集めている人周り
にいませんか?
「面倒見がいいね」なって言われ
る人もいると思います。

見方を変えると、自分がトップに
君臨し安心をしているだけという
ことがあります。

組織の中にYESマンだけになって
しまうと、偏ってしまって、うま
く行きません。

逆に上位に臆することなく、向か
っていける人もいます。

その人は、常に自分が上位に上が
って行くことを楽しみにして、行
動しています。

こういった場面では、成長が加速
して行く場面だと思うます。

いろんな場面で、自分の行動に違
いが出てくると思います。

事前にそんな人間関係を知り、
こんなパターンがあるんだと気付
いて準備しておくことが大事では
ないでしょうか?

今、あなたが属してグループでは
あなたはどんな立場を取っていま
すか?

「グループ」と「チーム」

試合や練習など、多くのチーム?
を見る機会が増えてきました。

そこで感じていることは、「チー
ムなの?」って思うことが大変多
いです。

先日NBAにドラフトされた八村選
手がサマーリーグにデビューしま
した。

彼は中学生1年生は何もできずに
必死に練習をしていたそうです。
2年生になると、自分が主力選手
になり、周りの選手への影響力が
増してきたそうです。すると、八
村選手はだんだん上から目線で仲
間たちに話をするようになってい
たそうです。

そんな八村選手をみて、監督は
「周りの選手がいるからお前が生
きている」ということを伝えて、
そして他の選手にも、「お前たち
がいなければ、八村の成長もない
しこのチームの成長もない」と言
っていたそうです。

中学生のこの時期に上から目線で
言われると、
「あいつ何様?」
「関わるのやだな」
と思うことが普通だと思います。
でも、このチームは勝ち抜くため
の選択として、しっかりと向き合
うことを決め、八村選手も周りに
伝え方を変えることをし、周りの
選手も八村選手に臆することなく
伝えるというコミュニケーション
をとっていたそうです。

なので、八村選手はドラフトされ
た時のインタビューで、中学時代
の恩師や仲間たちへの感謝を伝え
ていました。

グループとは
単なる人の集まりです。

チームは
同じゴール、目標を持った集まり
となります。

ある選手に「あの選手と、ゲーム
プランを話し合って考えたら?」
と言ったことがあります。
その時「えっ!あいつ俺の話聞い
てくれないし」と帰ってきました

この集団がグループになっている
ということを合わします。
本当に勝ちたいと思っている選手
であれば、まず「勝つために」ど
うするかとう言う選択になります
が、この選手は「勝つため」では
なく「自分の」と言う選択をした
ことになります。

チームではないからの個を優先す
る選択ではないのでしょうか?

チームとして機能していくことが
選手それぞれの大きな成長につな
がっていくと思います。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑