「甲子園」と「全国大会」

高校球児のみなさんの目標である甲子園。
残念なことに春も夏も中止となりました。

高校球児に「目標は?」と聞くこと甲子園と言う名前がでてきます。
ということは、そこがゴールではないというになります。

今一度ゴールはどこなのか考えてみてください。

高校球児に限らず、全国大会を目指している選手は
そこに何を求めているのでしょうか?

何かの漫画で後輩が全国大会出場できなかった先輩に
「そこには何かがあるんですか?」と聞いた場面がありました。
「そんなもんてめぇーで行ってみてこい!」と
先輩が悔しそうに後輩にゲキをとばしていた場面を思い出しました。

いくらビデオをみても、

話を聞いてもやったと言う行動をしなければ、

この感覚はわかるものではないと思っています。

私の持っているバレーボール チームの目標は県大会優勝です。
チームのゴールは自ら考えて行動できるようになる選手の育成です。

目標は通過点であって、そこを通りたいですが、
そこに行かなくてもゴールにいくことは可能です。

学校が、部活が、スポーツが日常に戻る前に
あなたのゴールはどこか?
そして目標がなになのか?

考えてみてください。

「チャレンジ」と「意欲」

やりたい!と言う言葉はどこまで本気か?

そんな出来事がありました。

いろんなスポーツ選手を見ていいます。
レベルに限らず、やりたいという「意欲」が強いと自ら困難(技術、体力、人間関係)に立ち向かっていきます。
向かっていくことを「チャレンジ」や「挑戦」といっています。

しかし、「意欲」の強さが何度も立ち向かっていけるのになります。

「意欲」を強くするためにはどうしたらいいのか?

できると考えることそしてそれを作っているのは成功体験です。

小さい時からたくさん失敗をして来ています。
その一つに、小さな子どもの転倒です。
歩くために足を動かすのに、頭と身体が連動せずにうまくできずに転びます。
成長するにつれて転ばなくなります。これが成功体験です。

失敗は必要です。

そのことが理解できずに、高いゴール設定をしてしまうと、「意欲」を低下させます。

また、努力してゴールをたどり着いたということを理解せずにゴールしてしまうと、次のゴールを見失ってしまい「意欲」がなくなってしまうことがあります。

いわゆる「バーンアウト」です。

失敗を楽しみ、「意欲」を常に感じならがら「チャレンジ」を続けてください。

「どんな人になりたいか」と進路を考える

本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?
今回の連載記事は
「どんな人になりたいか」と進路を考える

この時期、進路について相談を受けることがあります。
どんな考え方をしたらいいか?考えてみてください。

毎年母校で講演をさせてもらっています。
各クラスにいろんな講師の方が来てお話をする時間です。

そこで、私がお伝えしているのは「どんな人になりたいか?」
と問いていく話をします。

先日も書いていますが、将来の話をするとき「なにになりたいですか?」と仕事ありきに聞くことがあります。
これは本当にいいことなのか?疑問に感じています。

海外では園児の時から「どんな人になりたいか?」を聞いているそうです。
答えはすぐにでないこともあるそうですが、人としての在り方を小さい時から考えるそうです。

日本では小さい時から「なにになりたい?」と聞き、なりたい仕事ランキングというものがあります。

あと数年で今ある仕事の半分はAIの発達によりなくなると言われています。
そんな中でなりたい仕事を聞くのはナンセンスではないでしょうか?

そして、スポーツでもなりたい姿を想像することで、困難を乗り越えゴールにたどり着けるのではないでしょうか?
なりたい姿を想像できずに、ただ「大会で優勝!」と目標を言っていてもどう進んでいいのかわからないのです。

いろんなことを想像、イメージして将来や目標を考えてみてください。

「目標」と「ゴール」

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

新年を迎えると、「今年は」「今年こそ」といいながら目標を立てると思います。

そこで、少し勘違いがあるかもしれないので確認してみてください。

「今年の目標」と言うことは、何年か先のゴールを想い描いてから言える言葉です。なので、本来は「今年終わるときにどうなっていたい?」と考えることが大事です。

そして、ゴールを決めた上で1月の目標は?と決めていくことで実際にゴールにたどり着けます。

目標をゴールと勘違いしていると本来いきたかった場所を見失いどこか違う方向へ向かってしまいます。

そして一年の目標ではスパン長いため立てた目標を忘れてしまいがちになります。
忘れてしまうので、「今年は」とか「今年こそ」と言った言葉が頭についてしまいます。

ぜひこの言葉は外して実現できるゴールとそのための目標を立ててみてください。

「遊び」と「目的」

今は、あまりゲームってやらなくなったんですが、携帯が変わってアプリを再インストールする時にゲームを入れるか入れないか悩むことがあります。(笑)
基本的には単純なゲームしかやらないのですが、少し前にロールプレイングゲームをやっていたことがあります。

そこには、飽きさせない工夫がたくさんあります。

しかし、いつの間にか、本来の目的を忘れてゲーム内のミニゲーム必死なっていたります。

面白いですよね。

実はスポーツでも同じことが起っています。

勝つという目的のために難しい技術を習得しようとする。

しかし、なかなか習得ができないから他の技術を習得を考える。

すると、他からもっと楽しいことがあるよって誘いをうける。

気がついたら楽な方を選びスポーツをやめていたり、目標をすごく下に設定していた。

とこんな感じになるのでしょうか。

遊びであれば、楽しい!を最優先すればいいと思います。

スポーツで勝つというゴールがあるのであれば、練習や行動の意味をしっかりと伝え意識することが大切だと思います。

寄り道は決して悪くないです。
しかし本来のゴールを見失わないように、選手を観察し導いてあげることが大切だと思います。

「細かなゴール設定から大きなゴールへ」

本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?

今回の連載記事は

 「細かなゴール設定から大きなゴールへ」

年齢が上がっていくにつれて、選手たちはクールに振る舞うことをカッコいいと感じることが多いのか、ゴール設定に現実みが出ててきます。

ゴール設定についても色々書かせていただいています。

今一度考えてみましょう。

彼らが言っているのは「目標」のことになると思います。

本当は「全国大会出場!」と大声で言いたいけれど、大会なのどの成績を考えたら恥ずかしくて言えない。だからその恥ずかし隠すためにクールに振る舞っています。

ゴールを口にすることで、自分自身に言い聞かせその言葉で身体が動き行動につながっていきます。

そして、それを聞いた周りの人たちも協力してくれるようになります。

そこでしっかりと目標を立てることで、ゴールにたどり着くことができます。

ゴールが決まったら、恥ずかしがらずに言い切る。
そしてそこに対して、目標を半年、1ヶ月、1週間、1日と立ててから練習をする。

そんな習慣を意識して練習をしてみてください。

「目標」か「練習内容」か自分で修正選択

本日の日刊スポーツ静岡版はお読
みいただけましたか?

今回の連載記事は
「目標」か「練習内容」か自分で修正選択

人は、変化を嫌がります。
特にスポーツ選手至っては、目標設定などを変化させて行くことを嫌がります。
修正することは悪いことではないです。

W杯バレーボールは、スタッフ陣は最初「3勝すればいい」という目標でした。
それを聞いた選手は「メダルを目指す!」と決めスタッフに直訴したそうです。
結果、皆さんも知っての通り8勝して4位となりました。

目標には達成しませんでした。

しかし、このチームのゴールは東京五輪でメダル獲得。

世界1のブラジルの試合からどうすれば勝負ができるのかをしっかり学んだと思います。

さて、多くのチームは新人戦を終えたと思います。
最終ゴールは来年の夏の大会をあげている方々多いと思います。

もう一度、ゴールまでの目標を考え直して、どんなステップを踏んでいけばゴールにたどり着けのかを考えて見てください。

ポイントは選手自身で考えることです。

自分のチームだからこそ選手自身でしっかりと考えて目標を作って行ってください。

「ゴール」と「目標」

新しい挑戦が始まりました。

しかも今までやったことないカテゴリーのサポートです。

それも2組!

ありがたい限りです。

さて、初めてセッションのときに、必ず聞くことは「どんなゴールをイメージしていますか?」です。

1組は「えっ?」とキョトンとしていました。
もう1組は「インター杯に出ることです。」
と答えてくれました。

目標は?と聞くと
1組目は「う~ん」といった感じで、もう1組は「県大会ベスト8」と答えてくれました。

みなさんはどう感じますか?

だいたい、どのチームや選手に聞いてもこんな感じになる事が多いです。

最初のチームは、しっかりと監督さんの言うことを聞いて遂行していくタイプの選手が揃っているので、こういった自分の感情や感覚などを封印して練習しているようです。

もう1組は、ある程度の結果(ランキング)が出ているので、このぐらい行けたらいいのかなと言う感じが見受けれました。

どちらも話を聞いていくと、少し言い訳が入ってくる言葉が出てきます。

厳しい言葉になるかもしれませんが、ゴールと目標がきっちりしていないと、少し自分に甘さが出てくるのかなと思っています。

前者は練習中にも選手たちとお話を聞かせていただきますが、目標設定がうまくいっていないので、自己肯定感が低いところが気になりました。

どちらもどのくらい継続していただけるかは、わかりませんがこの気がついたことをしっかりと伝え、終わったときに結果ではなく、「しっかりやりきった!」と言う感覚で終われるようにサポートしていきます。

「未来」と「過去」

先日、学校の先生方との懇親会で
ある先生が、「未来も過去も変え
られないから、子どもたちの今と
向き合う様にしています。」

と言っていたのが印象的でした。

ゴール設定の話は、メンタルトレ
ーニングでも必ず話をします。

目指すべきところは、あるべきだ
と思います。

過去の経験を活かそうとし
なければ、今の行動も同じことの
繰り返しとなり、未来(結果)は
ただ思い描いているだけになり、
ゴールには辿りつくことはできま
せん。

そして、目標だけが高すぎても
行動ができなくなってしまうこと
もあります。

それは、目標だけをみてしまって
今何をすべきなのかがわかってい
ないということになります。

ゴールを決めて、
目標を立てて、
今やるべき事、
今クリアできる目標をしっかりと
行う。

自然と成長ができ、ゴールに近づ
けれると思います。

みなさんの行動は、今を大切にし
た行動ですか?

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑