「次のステップ」と「次のステージ」

本日の静岡新聞の切り抜きです。
いろんな情報が出ている中で、
保護者の方と「本当にあるのかな」
と話をしてる中、新聞発表は嬉しいですね。

しかし、同じ静岡県内では、市によって対応が様々で
すでに中止を発表している市もあるそうです。

育成という考え方でいけば、大きな大会を目指すのではなく、
やってきたことの発表する場としてもらうことが一番だと思っています。

なので、今回地域で対応が違うこともいいと思います。

しかし、3年生には次へのステップになる区切りをつけてあげて欲しいと思います。
後輩たちにつなげるため、自分たちがしてきたことを確認するために
大事なことではないでしょうか。

そして、引退ではなく
次のステップ(勉強や他のスポーツ)や
次のステージ(同じスポーツでレベルの高いところ)に

スムーズに進んで欲しいと考えています。

「目標」か「練習内容」か自分で修正選択

本日の日刊スポーツ静岡版はお読
みいただけましたか?

今回の連載記事は
「目標」か「練習内容」か自分で修正選択

人は、変化を嫌がります。
特にスポーツ選手至っては、目標設定などを変化させて行くことを嫌がります。
修正することは悪いことではないです。

W杯バレーボールは、スタッフ陣は最初「3勝すればいい」という目標でした。
それを聞いた選手は「メダルを目指す!」と決めスタッフに直訴したそうです。
結果、皆さんも知っての通り8勝して4位となりました。

目標には達成しませんでした。

しかし、このチームのゴールは東京五輪でメダル獲得。

世界1のブラジルの試合からどうすれば勝負ができるのかをしっかり学んだと思います。

さて、多くのチームは新人戦を終えたと思います。
最終ゴールは来年の夏の大会をあげている方々多いと思います。

もう一度、ゴールまでの目標を考え直して、どんなステップを踏んでいけばゴールにたどり着けのかを考えて見てください。

ポイントは選手自身で考えることです。

自分のチームだからこそ選手自身でしっかりと考えて目標を作って行ってください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑