「視覚」と「感覚」

先日、バレークラスに体験にきた保護者のと方お話をしていて時の話です。
体験者が数ヶ月後どうなるのか、イメージし易いように
参加しているスクール生のバレー歴やスポーツ歴を話していました。

すると、
「あの子は短い期間で、あんな事ができるようになるですね。
センスがあるんですかね。」
という会話になりました。

バレークラスに来ている小学生は、上手くなりたくて、
家で練習している事が多いです。
そして、ビデオなどみて日本代表選手のプレイをよく見ています。

そう言った選手は、小さい時からいろんなスポーツをしたり、
いろんな遊びをたくさんしてきています。
その結果、体の隅々まで、体を使いこなす事ができます。

センスという言葉で言ってしまうと、生まれ持ったきたもの的な
イメージになります。

実はそうではなくてセンスは身につける事ができるものなのです。
子どもたちも時々「あいつはセンスがあるから」と言い出す子たちがいます。
それは結局言い訳にしかなりません。
細かい部分をいかに思い通りに動かすかぜひ、練習してみてください。

参考に武井壮さんの大人の作り方という動画のURL付けておきますので、
よかったらみて下さい。
参考になると思います。

https://youtu.be/74aaZcEx1s8

「センス」と「楽しい」

学校が休校で、スポーツができなくなっています。
運動ができずに、ストレスも溜まってきていることかと思います。

空き時間にSNSをみていると、小学校1年生のバレーボールの基礎練の様子が出ていました。

いろいろみて行くと、本当にバレーボールがしたくて、公園で、家でいろんな練習をしていました。

バスケットのトップ選手の昔話を聞くと暗くなるまでシュートしてたり、家で小さなリングで遊んでいたりしているのを聞いたことがあります。

小さい時に楽しくて夢中になってやったきたからこそ、多くの選択肢が生まれそれが「センス」と言われるものになっていきます。

この休みの時期に、もう一度スポーツの楽しいを探してみてください。

そしてスポーツを始めた時の気持ちを思い出して練習をしてみてください。

大会が中止になって残念なのはわかります。
しかし、大会のためにスポーツを始めたというわけでは無いと思います。

そのことに気づくことができれば、きっと選手として1段、2段のレベルアップができると思います。

なぜ、今のスポーツを始めましたか?

「才能」と「センス」

スポーツ選手の中で、好きな
選手にサッカーの小野伸二選手
がいます。

ここ数年は、怪我などもあり、
なかなか試合に出れていないよう
ですが、彼のプレイをみていると
とても驚かされ、そして彼がボー
ルを持つとワクワクします。

スポーツは遊びから発展したもの
です。だからこういった楽しさが
必要だと思います。

 

強いチームに所属していたり、
エースとして活躍している選手が
行えば「才能ある」「センスがい
い」なんて言われると思います。

 

しかし普通のチーム?だと
「そんなプレイするな!」
「ふざけ半分でやるな!」
などと言われることがあると思い
ます。

だんだんこう言った指導は少なく
なってきていると思います。

考える力は「遊びの楽しい」とい
う感情があるから生まれてきます。

いろんなプレイが挑戦できる環境
を整えてあげて、才能やセンスあ
る選手の育成をしていきましょう。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑