「成長」と「悔しさ」

週末、3チームの練習に参加してきました。
私が関わっているチームでは「スポーツをどう楽しむか?」を考えて
自分たちで楽しむ姿勢を表現することをやってもらっています。

当然ですが、チームのレベルが違いますので、「楽しむ」の捉え方が違います。

Aのチームは、自分たちで厳しい技術の要求し、それを完成させる楽しさや選手同士でも勝負を楽しんだり悔しがったりします。
Bのチームは、常に楽しむために決まった時は喜び、失敗した時も集まって声を掛け合って確認します。
Cのチームは、決まった時は喜びますが、失敗した時は笑っていることが多かったです。

少し前ですが、ある指導者に感情を出すようになるにはどうしたらいいか?と会話したことがあります。
その時その指導者は「成長曲線って知ってるよね(上記のグラフ)あのグラフにはないけど、身体の成長に応じて悔しがって上手くなりたいって感情ができてくるんだよ。こちらから感情を押し付けると燃え尽き症候群のようになってスポーツを長くやろうとしなくなると思っています。」と話してくれました。

この3チームは全部中学生ですが、失敗しても笑っている選手は1年生が多く、身体的にも成長はまだまだ発展途中の感じがします。同じ一年生でも、身体的に成長の早い選手は、悔しがるという感情も見られることもあります。

学校では学年で区切られることが多いと思います。
それでも身体の成長は人それぞれ。
その人その人にあった目標設定や感情を見て
アドバイスすることがが必要だと思っています。

「個」と「チーム」


私はいろんなグループに属しています。リーダーをやる時もありますし、フォロワーになる時もあります。静観すことも時々。笑


あるグループで、リーダーをした時の話です。それぞれが同じスキルを持っていると感じていたので、ほぼほぼ仲間たちに任せていました。


すると、同じグループではありますが、個々に責任感が生まれ、担当セクションを一生懸命やってくれました。


サポートに来ていた人から、こういうイベントってみんなで考えて、作り上げないんですか?と、しつもんをいただきました。
「そのやり方もあると思います。でも人数が多くなって来ると発言する人が決まってきます。すると、そのイベントに対しても思いのレベルに差ができてしまい、満足度もそれぞれのレベルの差になってしまいます。だから、スキルレベルが同じで有れば任せるという判断をします。」
と答えています。


当日、実際にはじまると、リーダーはほとんど見ているだけになりますが、準備の段階では進み具合を確認したり、内容のフォローなど少し大変です。

チームスポーツでは、個々がどれだけ責任を持たせるかが鍵になると思います。


よく部活ではクラブチーム勝てないと聞きます。中学では部活の自由化になっていますが、無理矢理やらされている選手がいます。クラブはやりたい!と言って入っています。


だからこのようなことを言うのだと思いますが、そこは役割を作り任せることで部活でもクラブのような意識が生まれるのではないかと思います。


みなさんのチームには、個々の役割があり責任を持たせていますか?

そこがグループから成長させ続けるチームになっていくとおもます。

「ステップアップ」と「役割」

目標を一つ一つクリアしていくの、その時その時で役割が変わっていきます。

その流れに乗れないとせっかくステップアップしてきた自信が崩れる時があります。

技術は通常の練習でステップアップがなされていると思います。
しかし、考え方がかわないとどうなるでしょうか?

苦手なプレイを克服しようとしている選手がいます。
頑張っている姿は仲間たちの信頼を勝ち取ります。
でもそのことに気づかず、これができないと思い込んで練習を繰り返します。
すると仲間たちは次の役割を彼に与えようとします。

でも、成長できないと思っている選手はどう思うのか?
「僕はここができて気ないからもっと頑張らないとけないのに、みんなが僕の仕事を増やした。あれもこれもやらなきゃいけなくてもう無理かも」
こんな感じに思うのではないかと思います。

苦手という意識はなかなか拭い去ることはできないかもしれません。

でも、新しい役割を与えらたということは、選手が成長したから与えられるものだと思います。

せっかくの成長のチャンスを自分の思い込みで逃してしまうのは大変もったいないことです。

このようなことが起きないためにも、チームのステップと個人のステップなどを仲間たちと常に確認しあってください。

スキル成長と一緒に考え方も成長し大きな成長をものにしましょう!!

限定3チーム無料講座開催

しつもんメンタルトレーニングの仲間が
無料でメンタルトレーニングを開催します。

今回はチームでのメンタルトレーニングです。

主催がバレーボールチームになるので、
小・中学生のバレーボールチーム限定となります。

開催日:11月9日(サーラグリーンアリーナ)
    1月19日(引佐総合体育館)
時 間:10時から12時
募集数:3チーム(希望チームが多数の場合は抽選といたします)
参加資格:小・中学生の男女バレーボールチーム
申込み:hamamatsubears@gmail.comまで

協力:ブレス浜松東海ビル管理浜松ベアーズ

「グループ」と「チーム」

試合や練習など、多くのチーム?
を見る機会が増えてきました。

そこで感じていることは、「チー
ムなの?」って思うことが大変多
いです。

先日NBAにドラフトされた八村選
手がサマーリーグにデビューしま
した。

彼は中学生1年生は何もできずに
必死に練習をしていたそうです。
2年生になると、自分が主力選手
になり、周りの選手への影響力が
増してきたそうです。すると、八
村選手はだんだん上から目線で仲
間たちに話をするようになってい
たそうです。

そんな八村選手をみて、監督は
「周りの選手がいるからお前が生
きている」ということを伝えて、
そして他の選手にも、「お前たち
がいなければ、八村の成長もない
しこのチームの成長もない」と言
っていたそうです。

中学生のこの時期に上から目線で
言われると、
「あいつ何様?」
「関わるのやだな」
と思うことが普通だと思います。
でも、このチームは勝ち抜くため
の選択として、しっかりと向き合
うことを決め、八村選手も周りに
伝え方を変えることをし、周りの
選手も八村選手に臆することなく
伝えるというコミュニケーション
をとっていたそうです。

なので、八村選手はドラフトされ
た時のインタビューで、中学時代
の恩師や仲間たちへの感謝を伝え
ていました。

グループとは
単なる人の集まりです。

チームは
同じゴール、目標を持った集まり
となります。

ある選手に「あの選手と、ゲーム
プランを話し合って考えたら?」
と言ったことがあります。
その時「えっ!あいつ俺の話聞い
てくれないし」と帰ってきました

この集団がグループになっている
ということを合わします。
本当に勝ちたいと思っている選手
であれば、まず「勝つために」ど
うするかとう言う選択になります
が、この選手は「勝つため」では
なく「自分の」と言う選択をした
ことになります。

チームではないからの個を優先す
る選択ではないのでしょうか?

チームとして機能していくことが
選手それぞれの大きな成長につな
がっていくと思います。

「リーダー」と「フォロワー」

チームに関わる時、気にすること
が、誰がリーダーシップをとって
そこに誰が付いているかです。

以前ワークショップで一緒に参加
していた小学生に「キャプテン
ってどんな存在?」って聞いたこ
とがあります。
すると「雑用でしょ」って教えて
くれました。

また、他の選手は、「キャプテン
なんだからって言われるのがすご
く嫌!」

大人がキャプテン、リーダーを決
めることが多いかもしれません。

すると、選手たちは監督が決めた
ことだからと雑用係となってしま
ます。
いろんな思惑があってリーダーに
キャプテンにすることがあると思
いますが、こうなってしまうと、
リーダーシップが生まれることは
ないと思います。

選手たちを観察していると、時に
はリーダーになり、時にはサポー
ト役のフォロワーとなっているこ
とがあると思います。

キャプテンだからと言って、全て
を押し付けるのではなく、しっか
りこのチームのキャプテンの仕事
は〇〇ですと伝えてその部分をし
っかり評価してあげてください。

そしてチームのメンバーには、
その場その場でリーダーになって
いる人がいて、それをサポートす
る人たちがいることを伝えてみて
ください。

いろんなリーダーがいていいと思
います。
チームにたくさんのリーダーがい
ることで自主性が生まれてくると
思います。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑