「昔のイメージ」と「現実」


だんだん学校が再開の話が聞こえてきました。
だんだん以前の日常に近づいてきている感じがします。

しかし、完全には戻りません。
先日、ある選手のトレーニングを久しぶりに見ることができました。

毎日やっていたトレーニングは全然できていない状態。
やっていることは、外を走るぐらい。
どのぐらい体力維持ができるかチェックしていくと、
使えていた筋肉が使えなくなっていて、
かなり苦労していました。

技術的にどうなのかはわからないですが、
体力的に大きく衰えを感じるということは、
技術的にも落ちていることが予想されます。

人は昔のイメージで運動をしたくなります。
お父さんたちが子どもの運動会で張り切りすぎて
怪我をすることがあります。

これから、スポーツも通常にできるようになってくると思いますが、
前のイメージではなく、しっかり今の動きを確認していき
トレーニングを積んで言っていただければと思います。

お土産

メンタルトレーニングと体幹トレーニングにきている高校生から修学旅行のお土産をいただきました。
ありがとうございます。

前回は大会前に来て1時間のメンタルトレーニングでした。
前回の振り返りを色々聞き、とても調子がよかったとのことでした。

目標にしていたところまではいけたが上位に入る選手には勝てなかったと。

では何が足りなかったのか?を聞くと

基礎的な部分は通用していたけど、
相手が技術が一枚上手でした。

と答えてくれました。

その中で、これからやること、身に付けないければいけないことなどを確認して体幹トレーニングへと移行していきました。

メンタルトレーニングは、トレーニングです。
なので、定期的に受けることで成果を確認することができます。

ぜひ時間を作ってやってみてください。

メンタルトレーニングについてのお問い合わせは
kumamental@gmail.com
までお気軽にご連絡ください。

「男の子」と「女の子」

 いろんなところで、運動教室を
させていただいてます。

 その中で男子も女子も一緒にや
っているクラスもあります。

小学生から中学生って男女間むず
かしいと思っているのですが、
「何をやりにきているのか?」
がしっかりしていると、男女は
全く関係なくなってきます。

県選抜クラス男子選手は、自分が
自分から女の子に、
「どんなトスがいい?合わせるの
が僕の練習になるからどんどん言
って」と寄っていきました。
すると女子選手は、「ちょっとこ
うしてほしいこんなトスがいい」
など、コミュニケーションが生ま
れ、お互いに実りある練習ができ
ました。

逆に意識しすぎるあまりに、トレ
ーニング自体ができなくなってし
まう選手もいます。

そんな時は「女子(男子)と一緒
にやるのが嫌だなのはわかるけど
これは嫌なことへの挑戦です。
ここを乗り切れれば、普段の練習
でも大きく変われるはず!」
と言います。

目的が強いか?
異性と関わるのが嫌と言う思いが
強いか?

これは置き換えれば、厳しい練習
に向き合っていくのか、逃げ腰で
練習をするかと言うことになると
思います。

私にとっては些細なことではあり
ますが選手にとっては目的のレベ
ルで感じ方や行動が違うことを
改めて感じています。

みなさんも些細なことかでいいの
で挑戦する習慣を意識してみてく
ださい。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑