「リーグ戦」と「トーナメント戦」

浜松市の中学の代替え大会で、バスケットボールはリーグ戦を選択しました。
これは聞いた時にすごくびっくりしました。
順位は開催グループごとしかつきませんが、こういう考え方も必要なのかなと思いました。
バスケットボールは、小学生のミニバスの全国大会は、交流戦という扱いでトーナメント戦を
行わないときいています。
いろいろ問題があることも聞いていますが、協会の方が試行錯誤して育成を考えている

結果なのかもしれません。
バスケットボール協会育成についての記事https://news.yahoo.co.jp/byline/naohikoueno/20200728-00190320/

育成年代で、勝つことにこだわるあまりに、
出場ができない選手がでてきます。

そんなある選手に、出場することにどう思っているか聞いたことがあります。
その選手は
「私が出ると、出れない選手います。 そこで私がミスをすると、その選手からいろいろ言われるのが怖いから、 出たい気持ちもあるけど使わなくていいです。」
と言っていました。

このような選手がいることは、残念ながらすでに育成と言う分野で指導が
うまくいっていないものかと思います。

日本のスポーツがリーグ戦メインになって、選手、スタッフが試行錯誤しながら
このように「でなくてもいいです」ではなく
「私もでたいです」と言える選手の育成ができたらもっと競技レベルが
あがっていくのではないかと思っています。

「個」と「チームワーク」

バスケットボールのW杯が近づい
ています。

日本代表は、八村選手や渡辺選手
が海外での活躍もあり盛り上がっ
ています。

代表の試合では、八村選手を活か
すために周りがどう動くか?
が課題のようです。

日本的考え方にチームのために個
を犠牲になるという考え方があり
ます。

決して悪い訳ではありませんが、
個の成長を止めてしまう場合も
出てきます。

また、個で戦うと周りがどうして
いいのか浸透していないと、「あ
いつ一人でやって」とチームが崩
れてしまうこともあります。

現在バスケットボールの日本代表
のスタッフにはこのチームの戦い
を重んじていた人たちがいます。
彼は今の現状に、「チームの考え
方が大きく変わった」と言ってい
ます。

個を活かすために、周りがチーム
としてどう動くか?

そして、動いた周りがどう活きる
か?

チームスポーツでは、これらの考
え方がすごく重要です。

これらのことが選手に理解される
と、モチベーション的にもかなり
上がってくると思います。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑