「下級生」と「上級生」

バレーボールで、中学3年生から小学校4年生ぐらいまで指導をしています。
普段チームでは全員がボールに触れるようにルールを変えたり
上級生に指示を出して工夫をしています。

しかし、イベントなどを開催すると、できる選手だけがやってしまって
せっかく来ている選手がボールにさわれないことがあります。

最近男子チームには中学1年生が何人か練習参加しています。
中学3年生のスピードや高さ、パワーなど遠く及びませんが、
上級生たちは、レシーブを任せたり、スパイクを打たせるためにトスを
彼らに上げています。
そして、いいプレイができたときは一緒に喜んでハイタッチをしています。
そうすることで、1年生のやる気が上がり、もっと上手くなりたいとなっていきます。

では、先に述べたボールにさわれない選手はどうなるのか?
ボールがこない?さわれない?
となれば当然つまらないとなり、スポーツをやめる方向に向いしまいます。
部活動ではなおさらその傾向が強く
できる選手の学校を見ると、
決まった選手プレイしていなかったり、
決めた選手がすごい!と言う雰囲気があるチームでした。

時間や場所に限りがありますが、私はやっぱり多くの選手に
多くボールを触ってプレイしてもらいたいと思っています。

「相性」と「対戦相手」

大会を前にいろんなチーム、相手と練習試合を行うことが多いと思います。
自分や自分のチームの強みなどがあるかと思いますが、
対戦相手にも同じような部分があって、そこには相性と言うもの出てきます。

ある選手に、
「あっちのチームにには対応できてる感じがするのに、
 なんでこっちのチームは全く対応できないの?
 両方ともそれほど実力差はないよね。」
と聞いたことがあります。

すると選手は
「なんでかわかりません。
 ひとつは考えられるのは、前にも対戦したことがあるからかなぁ。」
と首を傾げていました。

監督、コーチなどは、この部分を考え対応するために、
考え続けていると思います。
カテゴリーや、選手のレベルにもよりますが、
行っている選手自身もしっかりと振り返って考える時間を作ってあげることが
とても大切です。

そして、「相性」と考えるのではなく、
どんなプレイでやられているのか?
どんなプレイが通用するのか?
など、「相手」ではなくプレイで考えることが大事です。

新人戦がはじまりだしていますが、
考え方の参考にしてみてください。 

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑