「キャプテン 」と「リーダーシップ」

私が書いているブログで、よく読まれている記事は
キャプテン というキーワードが入っている記事です。
その一つがこちらです。よかったら読んできださい。
https://wp.me/paYYgp-1W

浜松地区は各種目今週末が3年生にとって中学校最後の大会になるようです。
そんな中で1年生が入ってきて、余分な教えると言う仕事に少しイライラしている
上級生がでてきているのではないでしょうか?

キャプテンはそんな仲間の姿をどう考えるのでしょうか?
3年生と1年生では、ほとんど人間関係ができずに、3年生は終えていきます。
3年生、2年生は1年間かけて人間関係が出てきてきて、共通言語もできあがっています。

この違いを理解していないとスムーズな運営ができずに、イライラするのではないでしょうか

そんな時のリーダーはどんな立ち居振る舞いがあるのでしょうか?
・何回も説明をする・行動で見本をみせる・同級生もしくは2年生を動かす・問題がなければ任せて他のことをする
こんなところではないでしょうか?
人によってリーダー像が違います。
なので自分にあっていないリーダー像を無理やりやっても他の選手には
響かないと思います。
自分はどんなタイプなのかをしっかりと考え、
それを行動に移してみてください。
きっとイライラ度合いが減っていくと思います。

「人」と「機能」

先日、メンタルトレーナーの仲間にお願いして3チーム同時にメンタル講座をしたり練習ゲームにメンタルトレーナー目線で選手にアドバイスをしてもらう企画を行いました。

その時のトレーナーの感想に
「チームに必要なのは、リーダーという人ではなくてリーダーシップです。という言葉に衝撃を受け、チームを機能させるためのサポートができたと思います。」
という言葉がありました。

うまくいっているチームには、リーダー、エースと言われる人の近くには必ず、参謀的な存在の選手がいます。

この選手がバランスをとることで、リーダーやエースが活躍できるし、周りの人がうまく行動していくことができるのです。

小学生や中学生ぐらいだと、この行動を気づかずに、自然と行なっている選手がいます。

リーダーやエースが目立ってしまいますが、このバランスをとっている選手存在もしっかりと見てあげてください。

そして、チームを機能させる役割について、選手と話し合って、いろんな選手にこのポジションを経験させてみてください。

チームが大きく成長していくと思います。

「リーダー」と「フォロワー」

チームに関わる時、気にすること
が、誰がリーダーシップをとって
そこに誰が付いているかです。

以前ワークショップで一緒に参加
していた小学生に「キャプテン
ってどんな存在?」って聞いたこ
とがあります。
すると「雑用でしょ」って教えて
くれました。

また、他の選手は、「キャプテン
なんだからって言われるのがすご
く嫌!」

大人がキャプテン、リーダーを決
めることが多いかもしれません。

すると、選手たちは監督が決めた
ことだからと雑用係となってしま
ます。
いろんな思惑があってリーダーに
キャプテンにすることがあると思
いますが、こうなってしまうと、
リーダーシップが生まれることは
ないと思います。

選手たちを観察していると、時に
はリーダーになり、時にはサポー
ト役のフォロワーとなっているこ
とがあると思います。

キャプテンだからと言って、全て
を押し付けるのではなく、しっか
りこのチームのキャプテンの仕事
は〇〇ですと伝えてその部分をし
っかり評価してあげてください。

そしてチームのメンバーには、
その場その場でリーダーになって
いる人がいて、それをサポートす
る人たちがいることを伝えてみて
ください。

いろんなリーダーがいていいと思
います。
チームにたくさんのリーダーがい
ることで自主性が生まれてくると
思います。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑