「やっていること」と「やりたいこと」

バレーボールクラスのアップで倒立歩行があります。
アップの1種類なので、そんなに時間をかけたくないのが本音ですが、
最近選手たちは、楽しみにしているようです。

少し前に1人の選手が6mできるようになりました。

それをみていた選手たちが、毎回どうやってやったらできるのか
観察してからやります。
本来は一斉にスタートできるのですが、それも考えると言うことで
あえて時間を取っています。

でも、忘れてほしくないのは、バレーボールをやりにきていると言うこと。
時々、必死になりすぎて失敗しては戻ってやり直しを繰り返し全く進まない
と言うことがありました。

挑戦することは楽しくワクワクして集中力が高まります。
しかし、本来やりたいためのトレーニングから外れてしまうことも。

そのためにはどうしたら戻って来れるかを考える必要があります。
今やっていることは、やりたいことのためになっていることなのか?


常に考えてみてください。


どこで集中力を上げていくかが変わってくると思います。

「ワクワク」と「チャレンジ」

あるスポーツ漫画の感想で、
「必殺技(実際ではできないもの)があるわけではないのに引き込まれました。」
というものがありました。

「キャプテン翼」は必殺技を繰り返してワクワクする
「スラムダンク」は必殺技なしですが、高校生がプロのようなプレイをしている姿
が、自分ができるかもと投映してワクワクする

スポーツはワクワクするものという括りにしすれば、どちらも変わらないと思います。

現在、これらのプレイをやってみよう!という動画がいくつかYouTubeに
アップされています。

中には、キャプテン翼の必殺技をプロの選手がやってものあります。

しかし、スラムダンク的な描写はあんまり真似をしようとしません。
リアルすぎて、できないという事をみんなが知っているからです。

できないと分かっていてもやってみようと思うからこそ成長につながります。
漫画のリアルは学年とスポーツの実際とでは少しギャップがあるかもしれませんが
やってみようというチャレンジはとても大事です。

ぜひみなさんも「無理!」と決めつけずにやってみてください

「進化」と「恐れ」


私は仕事でiPadを使ったりPCを使ったりしています。
移動することが多いので、普段はiPadを使っていることが多いです。

たまたまAppleのHPをみていた時にiPadの新作がでることを知りました。

昨日新型iPadが発売され、YouTubeでは開封動画がたくさんでていました。
こういった機械のバージョンアップはなぜかワクワクしますよね。

動画の中でも、そんなに変更点はないとわかっていながらYouTuberのみなさんがワクワクしている様子が見うけれました。


しかし、自分の進化(バージョンアップ)はどうでしょうか?
新しいところに飛び込む、意見の違う人と話を深めてみる。って考えると結構「恐れ」ていませんか?


この違いは何か?
機械なのどは、勝手にバージョンアップされているが、使いこなせるようになるととても便利になる。ということを始めから知っているからです。
自分の進化(バージョンアップ)はどうでしょうか?
先のことがわからないから「恐れ」てやりたがらないのです。


勉強やスポーツでは、これをやっておけばと思う反面、相手やテストの問題など未知の領域があるので、迷いが出て「恐れ」を感じて立ち止まってしまうのではないでしょうか?

4月から新しい生活が始ると思います。恐れずに進化をワクワクして進んでみてください。

「才能」と「センス」

スポーツ選手の中で、好きな
選手にサッカーの小野伸二選手
がいます。

ここ数年は、怪我などもあり、
なかなか試合に出れていないよう
ですが、彼のプレイをみていると
とても驚かされ、そして彼がボー
ルを持つとワクワクします。

スポーツは遊びから発展したもの
です。だからこういった楽しさが
必要だと思います。

 

強いチームに所属していたり、
エースとして活躍している選手が
行えば「才能ある」「センスがい
い」なんて言われると思います。

 

しかし普通のチーム?だと
「そんなプレイするな!」
「ふざけ半分でやるな!」
などと言われることがあると思い
ます。

だんだんこう言った指導は少なく
なってきていると思います。

考える力は「遊びの楽しい」とい
う感情があるから生まれてきます。

いろんなプレイが挑戦できる環境
を整えてあげて、才能やセンスあ
る選手の育成をしていきましょう。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑