「中学生」と「高校生」

先日、中学生を連れて高校へ練習をしに行きました。
OBたちも何人かいて、半年前まで中学生としてして
一緒にバレーボールをしていた選手たちが、急成長して大人見えました。

私のチームは、中学で部活を終えた選手たちが集まってくるチームに
なっています。(本当は下級生も入って欲しいんですけどね 笑)
なので、毎年チームの雰囲気が違います。

基本的にやりたい選手が、集まっているので、
私の好きな雰囲気を強要することはしません。

ただ、強いチームはどんな雰囲気か?
来年参加するであろう高校の雰囲気はどうなのか?
を選手たちに来いいて、
「君たちはどんな選手になりたいの?」
と言って考えさせます。

時には遊びのような練習になる時もありますが、
中学生には次のステップの上位チームの雰囲気に早く触れて
自分たちもやってみようとなって欲しいと思っています。

「モチベーションUP」と「モチベーションDOWN」

お盆休みを利用してサポートしている中学生チームを
高校へ連れていきました。
目的は、高校生の取り組み方を学ぶためです。

中学生は、高校生の盛り上げに素直に盛り上がってプレイしていました。

高校生のデモンストレーションを見て上級生たちは、
高校生と戦ってみたいという雰囲気が感じられたので
「高校生とやってみたいなら、高校の監督にやりたいって言ってみたら?」
と選手に言ってみたら、上級生で話をして

高校生の監督にお願いをしにいきました。
中学生は一気にモチベーションを上げて高校生戦っていました。

しかし、監督さんの配慮で、下級生が入った瞬間、
上級生はモチベーションを下げ、あまり盛り上がりませんでした。

目ではっきりとレベルの違いが分かる中での
挑戦はとても楽しく、成長してもします。
しかし、相手のレベルが下がるとこの挑戦心は削がれて、
プレイ自体も散漫になっていきます。

常に何に挑戦させていくかが大事なんだなと、改めて学ぶことができました。
下級生との対戦でもどう挑戦させるか?
いろいろ考えて常に挑戦する気持ちを忘れないようにしたいと感じました。

「やりたいこと」と「やりたくないこと」

今月、中学生はテストがたくさんあるようです。

なので、中学生が参加するクラスは、出欠席を事前に確認しています。

運動教室にあえてくる中学生ですから、勉強するよりも運動している方が好きと言う選手が多いのは事実です。

そんな選手たちに言うことは、
「嫌いなこともやっておかないと好きなことができなくなるんだよ」

実際に中学3年生がクラブチームに入りたくても今までの成績がよくなく、勉強を理由に参加できない選手もいます。

大人になれば、嫌なことでも「仕事」として割り切ることができます。
でも、中学生ぐらいだとまだまだ割り切りができていません。

「良いところを伸ばそう」と言う指導法があります。
私自身も、メンタルトレーニングでは「自分のいいところはどこ?」としつもんすることがあります。

これは、良いところが伸びる、成功体験をすることで、嫌なところも補っていけると言う考え方です。
しかし、間違った認識で、良いところだけをやればいいと思っている方もいるようです。

これではいつまでたって、ダメなところはダメなままで終わってしまいます。

やりたいことのために、嫌なことを頑張る。この経験も大事だと伝えてあげください。

「グループ」と「チーム」

試合や練習など、多くのチーム?
を見る機会が増えてきました。

そこで感じていることは、「チー
ムなの?」って思うことが大変多
いです。

先日NBAにドラフトされた八村選
手がサマーリーグにデビューしま
した。

彼は中学生1年生は何もできずに
必死に練習をしていたそうです。
2年生になると、自分が主力選手
になり、周りの選手への影響力が
増してきたそうです。すると、八
村選手はだんだん上から目線で仲
間たちに話をするようになってい
たそうです。

そんな八村選手をみて、監督は
「周りの選手がいるからお前が生
きている」ということを伝えて、
そして他の選手にも、「お前たち
がいなければ、八村の成長もない
しこのチームの成長もない」と言
っていたそうです。

中学生のこの時期に上から目線で
言われると、
「あいつ何様?」
「関わるのやだな」
と思うことが普通だと思います。
でも、このチームは勝ち抜くため
の選択として、しっかりと向き合
うことを決め、八村選手も周りに
伝え方を変えることをし、周りの
選手も八村選手に臆することなく
伝えるというコミュニケーション
をとっていたそうです。

なので、八村選手はドラフトされ
た時のインタビューで、中学時代
の恩師や仲間たちへの感謝を伝え
ていました。

グループとは
単なる人の集まりです。

チームは
同じゴール、目標を持った集まり
となります。

ある選手に「あの選手と、ゲーム
プランを話し合って考えたら?」
と言ったことがあります。
その時「えっ!あいつ俺の話聞い
てくれないし」と帰ってきました

この集団がグループになっている
ということを合わします。
本当に勝ちたいと思っている選手
であれば、まず「勝つために」ど
うするかとう言う選択になります
が、この選手は「勝つため」では
なく「自分の」と言う選択をした
ことになります。

チームではないからの個を優先す
る選択ではないのでしょうか?

チームとして機能していくことが
選手それぞれの大きな成長につな
がっていくと思います。

チームサポート

先月からあるチームのメンタルサポートをはじめました。

サポートするにあたり、
校長先生とお話をさせていただき
「素人ですが、応援しにいくとあと少しって感じなんですよ」と
教えていただきました。
監督である先生や、外部コーチにもヒヤリングさせていただきながら
毎週各選手とコミュニケーションをとり、
全体での講義を数分行なっています。

実際に夏まで約1ヶ月でどんな変化が、成長があるか?
自分がどこまでできるのか?
常に自分にしつもんしながら選手のことを考えて
数回のセッションを行いました。

先日大会に参加して、選手たちが大きく変化、成長したことを
保護者の方や監督さんから聞き選手を見るのを楽しみに練習参加してきました。

明らかに雰囲気が違っていました。

一年生に、「先輩たち前回の大会と今回の大会違ったところある?」って聞くと

「今回の大会はすごく楽しそうにやってました!」

と教えてくれました。

そこで、選手たちに大会の学びは?と聞くことにしました。

「雰囲気」
「仲間の大切さ」
「仲間に頼ること」
「流れの作り方」

とその場で考えて素晴らしい答えを教えてすごく感動しました。

そして、そんなチームに関われていることを嬉しく思っています。

このチームはまだまだ強くなる!

あなたのチームに伺います!!

日刊スポーツさんとコラボ企画
静岡県内のチームやグループにお邪魔して、無料でメンタル講座をいたします。
ご希望される方は、日刊スポーツ静岡支社までお問い合わせ下さい。

宮野氏出前授業QR

お申込みこちらのQRコードからお願いします。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑