「今」と「未来」

多くのチームは、かなり難しいゴールを設定しています。
中学生は、先輩たちが目指していたからって言うのが多いのかもしれません。
高校生になると、ゴール設定はとりあえず的なものになり、実際はそこに向かう行動はしていないことが多いです。

なぜ?っていつも思います。

大会を経験するごとに修正することは悪いことではありません。
学生の時間は限られているのに、無理なゴールを追いかけても、最後に残るのは愚痴鹿残らないように感じます。

こんな風に思っている部分と、

「未来は変えられない」

と考えている部分があります。

「えっ?」

思うかもしれません。

未来を想像しなければ、そこに向かうことは出来ません。しかし、想像しているだけでもそこにはいけません。

ではどうしたらいいのか?

私は結果が悪い時に考えるのは、「あの時、〇〇していなかったからなのかな」と思います。

そして、自分に問いかけます。

「今の行動は大丈夫か?」

ゴール設定や、目標設定の話を、よく話をします。

そこで、結果が出ないないのはなぜか?って考えると「今」の行動なんです。

だから、「今」未来のための行動ができているかどうが大切です。

私自身まだまだ残念な行動が多いです。

それは成果が出た時に喜んで行動を止めてしまうことがあるからです。

いろんな選手たち、スタッフと、保護者と話をして自分も振り返りをさせていただいています。

本当に感謝しています。

皆さんも「未来をかえる!」「思い通りの未来にするために」今の行動を振り返ってみてください。

「変えられるもの」と「変えられないもの」

台風の影響はどうだったでしょうか?
影響を受けた方々には謹んでお見舞い申し上げます。

ラグビーのW杯には大きな影響をもたらしました。
その中で、かなりゴネた?チームがあったようですね。結果試合はしていましたが。

台風など、私たち人間にはどうしようもないものです。

そしてW杯ではそれらのことを考慮した書面を参加チームに送りしっかりとサインをもらっていたそうです。これらは「変えられないもの」です。

自然災害、変更できない決定事項ここに力を注いでも何も変わりません。
もし、自然災害を受け止め他のことに力を注いでいたら結果が変わっていたかもしれませんね。

中止になったチームの中には、現実を受け止め、「変えられる」今の行動を考え、土砂やゴミ拾いなどボランティアを行なったチームもあるそうです。


紳士のスポーツと言われるラグビーだけあって、こういった行為で素晴らしい!隣、感動がうまれ、応援という力が自分たちの力になって行くと思います。

災害で考える大きくなりますが、自分たちのスポーツに置き換えるとどうでしょうか?
ミスをいつまでも引きずり、更にミスを繰り返すなんていうことがあると思います。

変えられるのは「今」何をすべきか考えて行動してみてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑