「昔のイメージ」と「現実」


だんだん学校が再開の話が聞こえてきました。
だんだん以前の日常に近づいてきている感じがします。

しかし、完全には戻りません。
先日、ある選手のトレーニングを久しぶりに見ることができました。

毎日やっていたトレーニングは全然できていない状態。
やっていることは、外を走るぐらい。
どのぐらい体力維持ができるかチェックしていくと、
使えていた筋肉が使えなくなっていて、
かなり苦労していました。

技術的にどうなのかはわからないですが、
体力的に大きく衰えを感じるということは、
技術的にも落ちていることが予想されます。

人は昔のイメージで運動をしたくなります。
お父さんたちが子どもの運動会で張り切りすぎて
怪我をすることがあります。

これから、スポーツも通常にできるようになってくると思いますが、
前のイメージではなく、しっかり今の動きを確認していき
トレーニングを積んで言っていただければと思います。

「通学」と「運動」

今日、下の娘が登校日と言うことで、朝からバタバタ?(ワクワク)していました。
中学に入学して登校したのは2日間と登校日1日に今日の4日目になるのと思います。最近顔が丸くなってきたのを気にしています(笑)

少し前になりますが、休校期間中トレーニングに来た選手がいます。
いつもなら簡単にこなせるトレーニングも「あぁ〜、きつい!」と言いながら行っていました。

何気ない学校に行くと言う生活ですが、運動をしていたことになります。
毎日の積み重ねがいかに重要か改めて感じています。

2ヶ月も行動が少なくなれば体力も同然落ちます。

この落ちた体力とどう向き合って行くかがとても大切です。

できないことをやろうとすればプレッシャーを自分でかけることになります。
大人でも昔のイメージで久しぶりにスポーツを頑張ると怪我をしますよね。

年明けまでの自分のイメージが体も頭のあると思います。
しかし実際はきっと去年の夏ぐらいになっているのではないでしょうか?

少し前の自分の映像がある人は、それを見て自分の体のイメージを植えつけて見てください。

怪我をしないためにも今できることをやっていきましょう!!

「休み」と「準備」

この週末、何人かの選手と保護者の方と話ができました。

話題は休校の話

スポーツ選手なので、体調管理は当たり前のようにやっています。
体調管理をやらなければ、試合に出れなくなることを知っているからです。

保護者の不安は体力が落ちること。

学校に行かない=外に出れない

学校に行くだけでも歩いたり自転車に乗ったりと運動になります。
しかし出歩かないとそれすらもなくなります。

学校が始まって体力が落ちた状態で大勢に会うことがさらに病気になりやすいのではとの意見でした。

そんな不安のなかで、今できることは何でしょうか?

この休みを有効に使うためにしっかりと計画を立ててみてください。
新年度スタートダッシュするのためには、この1ヶ月自分で考えて行動すること体験できるチャンスです。

考えことも大事なトレーニングですので、計画をして、運動だけでなく考えるといこともしていただけたらと思います。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑