「積み重ね」と「成功」

小学生の運動クラスは少数で行なっています。
そこで、3兄弟できている子たちがいます。

一番上は4年生、二番目は2年生、一番下が1年生です。

兄弟で参加しているので、どうしても競争心が強くなります。
常に「勝った!」「俺一番!」なんて勝手に勝負して喜んでいます。

勝つことにこだわりすぎると、内容が適当になってしまってやってほしい運動がおろそかになってしまうので、「今は勝つことじゃなくて正しくやることが大事なんだよ」と伝えます。

そんな感じで活動をしているのですが、1年生の子がうまくできなくて道具に八つ当たりをしていました。
この活動は、4年生や2年生もうまくできていません。

道具に当たると言うこと行為は、小さい時からしてもらいたくないので、すぐに呼び止めました。

「できないから沢山の練習してうまくなっていくんだよ。すぐにできると思ったの?」
って聞くと

「できるもん」
と言い切ります。

もう一度やってもやっぱりできません。

どんな年代でも、「できないから挑戦する」思考が必要だと思いました。

「できる」「できる」と言ってやることもいいですが、何も工夫せずに失敗を繰り返します。

彼は、何度も同じところで失敗していました。

そこで、もう一度呼んで
「お兄ちゃんやお姉さんたちもできないだからできなくて当たり前何だよ。でも、お兄ちゃん、お姉ちゃんは、できないから工夫して少しずつできるようになってるんだよ」と言うと

少し不服そうでしたが、「挑戦する」と言ってやり直しました。

すると、先よりも違う方法やお兄ちゃんたちがやっている方法をやろうと変化が出ました。

私自身もすぐにできるという思考になることがあります。大概はうまく行きません。

でもそこから現実を受け止めることによって、工夫して変化がおこり、できた!になります。

どんな年代も現実を受け止めることを促してみてください。

「コミュニケーション」と 「コーチング」

メンタルトレーニングのワークを
チームで受けてもらうと、リーダ
ーが生まれてスムーズに行くチー
ムと、たくさんのリーダーが生ま
れうまくいかないチームがでてき
ます。

フォロワーになりきれていないの
は少し残念ですが、お互いの意見
を言い合えることも素晴らしいこ
となので見守ります。
(リーダーとフォロワーについて
はこちらをご覧ください。
https://wp.me/paYYgp-3A

なぜ、このようなことがおきるの
か?それは、コミュニケーション
の取り方を学んでいないからだと
思います。

仲間に「〇〇した方がいい」と伝
えることは、スポーツでは大事な
ことで最近では、指導者ではなく
選手同士で「コーチング(指示)」
ができるように指導がなされるよ
うになってきました。

しかし、この意味合いを受け取る
側も指示する側も理解していない
と言い争いになったり、上から目
線で嫌だと人と人の繋がりが壊れ
て言ってしまいます。

こんな状態だと、いい意見も、台
無しになってしまいますよね。

選手同士で成長していくためにも
コミュニケーションしっかりと話
し合い、良い意見を取り入れるこ
とを意識してみましょう

「受け止める」と「受け入れる」

しつもんメンタルトレーニングに
は3つのルールがあります。

・考えた答えは全て正解
・考えて「わからない」も正解
・仲間の答えを「そうだよね」と
 受け止める

その中で「受け止める」について
すこし詳しくお伝えします。

高校生に話をした時のことです。
感想をみると、「今まで私は友だ
ちのことを考えて、自分の意見を
言わずにいました。しかし、どこ
か苦しくて、友だちともギクシャ
クすることも。それは受け入れて
いたということをわかりました。
これから受け止めることを意識し
て自分の意見も伝えていこうと思
います。」

冒頭で話をしたことが印象にある
のは相当インパクトがあったのか
と思いました。

受け入れるとは
相手の言葉をそのままに、自分の
意思を押し殺して行動していくこ
とです。

受け止めるとは
相手の言葉を「そうだよね」と
承認してから自分の意見を伝える
ことです。

自分の意見をいうことが相手の機
嫌をそこねてしまうかもと思う人
って結構いますよね。
なので、「そうだよね」と承認す
ることで自分の意見も言える環境
が出来上がります。

お互いに意見を出し合うことで
選択肢も増えより良い方向へ進む
ことができます。

ぜひ、
「受け止める」ことを意識して
みてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑