「ミス」と「成長」

今日の朝の話です。
浜松は朝から雨が降っていて、娘たちは自転車通学なので、
カッパを着て準備をしています。
しかし上の子は、このぐらいの雨ならズボン履かなくても
いい、強くなってもすぐ履けるからと
ズボンを履こうとしません。

嫁さんは、もう諦めたようでしたが、
カッパのズボンをたたんでいる娘に、
私が「はかないの?」って言うと
不機嫌そうにズボンを履いて学校に向かいました。

それをみていた下の娘は、何も言わずに、上下カッパを着て
出て行きました。

大体、雨の日はこんなやりとりしています。(笑)

そして、私や嫁、祖父母が口出しをしてカッパを
きさせています。

びしょ濡れで学校に行って、着替えるの大変だろうし
風邪をひいても何て考えているからと言う思いがあるからです。

本人そんな辛い経験をする前に止められてしまうので、
自分が思ったことをやったらどうなるか予想がつかないんでしょう。

一度こう言った経験をさせてあげて
ミスから(ミスになるかわかりませんが)学びを得ることが
次に繋がり考え方の成長につながるのかなって
送り出してから思いました。

スポーツでも、大人が結果を予想しながら指導していると
やってみたら?って発想でなく、それは違うから!と経験せずに
やらせないことが多くあると思います。
やらなければわからないことはたくさんあります。

みなさんもどんな子どもたちにどんな経験をしてもらい
学んでもらいたいと思っていますか?
そこがわかると、成長のための行動ができてくると思います。

つい怒ってしまう競技歴のある親御さんへ

本日の日刊スポーツ静岡版はお読
みいただけましたか?

今回の連載記事は
「つい怒ってしまう競技歴のある
         親御さんへ」

昨日も少し書きましたが、先日の
研修の話です。

この研修は、いろんな体験を通し
学び成長する場をどう作っていく
かを参加者自身が体験しながら、
学んでいく研修です。

大人は、ついつい口を出してしま
い、それは、子どもたちの学びが
無くなってしまう。

と、講師の方々おっしゃったのが
とても印象的でした。

大人は、子どもためにと思って、
行動しています。

しかし、与えられてこなすことと
自分から考えて生み出し行動する
こととどちらが子どものためにな
るでしょうか?

子どもたち同士で、考え助け合う
ことが、経験となって次に繋がっ
ていきます。

赤ちゃんをイメージしてみてくだ
さい。
教えられていないのに、いろんな
動きをして1年で歩くことができ
ます。

この経験で、歩くということを考
えなくてもできるようになります。

いろんな行動も実は子どもたちは
答えを持っています。

しかし学校に入ると、答えはこれ
と押し付けられいつの間にか正解
は一つで、それだけを探していま
す。すると、一つの正解以外は全
てダメな答えとなり、ダメな選択
をすることが恥ずかしいとなって
しまいます。

大人が教える経験からは極僅かな
学びしかありません。
子ども同士で考えていろんな経験
をさせてあげてください。

子どもたちに委ねることをすると
怒らなくなります。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑