「当たり前」と「思い込み」

日本人的な発想なのかもしれませんが、こうすることが「当たり前」だからと「思い込み」変化が出来ないで人がいます。

スポーツはこの概念を壊していくから格好良くて、クリエイティブになるのだと思っています。

しかし、指導者がこの概念にとらわれ過ぎてしまうと、「当たり前」と思い込んでしまってそれが何にどう繋がるのかを選手に伝えれなくなると、選手が不安になり、不安が積もって不満に変わっていくと思います。

バレーボールのW杯では、聴覚障害の選手がアメリカ代表で活躍していました。
https://news.yahoo.co.jp/byline/karayamasaki/20191009-00145903/

また、普通だと?日本だと?直される逆足踏切の選手も活躍していました。

「基礎は大事」と教わってきますが、海外の選手の「基礎」の考え方が私たちとはちょっと違うと言う例になると思います。

聴覚障害の選手には、チームのルールを変えることでこの選手が普通にプレイできることを考え、逆足ステップは本人の動きやすい形を優先しています。

基礎の中でチームとして、選手として何を大事にするかを指導者がしっかり持っていて、選手、チームを最大限に活躍するためにと言う考え方があると思います。

私の時代ではトルネードの野茂選手、今であれば二刀流の大谷選手は周りの理解があったからこそ、思い込みを壊して、当たり前ではない選手になったのだと思います。

指導者のかたはもう一度自分の思い込みや当たり前を確認してみてください。

「積み上げ」と「成長」

人は大きな成長をする時があります。

しかしそれは、準備がしっかりできた人のみに起こることだと思います。

私自身、これを学べば、この資格をとればと動いていた時があります。

でも、そこでは大きな成長は感じれませんでした。

当然です。この学びは、1日や2日での講習会。なんとなくわかった気になっているだけですから、身についているわけではないからです。

スポーツでも同じです。

選手たちはそれを忘れてしまっている事があります。

基本技術の習得は地道なトレーニングの反復練習です。

しっかりとした基礎技術の積み上げがあるからこそ応用がいきてきます。

トップ選手がカッコイイプレイをして真似をしようすることは大事です。
でもうまくはいかないと思います。

そこで出来ない理由は何か?

しっかりと考え、もう一度基礎の積み上げを確認して欲しいと思います。

毎日の練習をどう考えて行うか?

皆さんの関わっている選手、お子さんともう一度確認してみてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑