「ジェスチャー」と「コミュニケーション」

サッカー選手をみていると、プレイ中でもボールデッドになっている時も、大きく手を動かし指示を出したり、仲間にアピールしています。

サッカーはコートが広く言葉では届かない部分があるので大きく身体を動かして伝えようとしているのだと思います。

試合中、チームとしてルールが決まっていて必ず練習したプレイが同じ様にできるということであれば、このようなジェスチャーをすることは必要ないのかもしれません。

しかし、相手があるスポーツでは必ずしも練習通りできるとはかぎりません。
練習通りに行うためには「声」を出して「コミュニケーション」をとる必要があります。そこで、「声」が伝わらないから身振り手振りの「ジェスチャー」が必要になってきます。

チームのメンタルトレーニングを行う時に「声」「コミュニケーション」の大切さを伝えることがあります。スポーツは瞬間瞬間で判断をしなければいけません。

その時に仲間から「声」がどれだけ心強いかを体験してもらいます。
すると選手たちは「声」って大事だよねとなります。

そこで今度は「声」を出さずに同じことをしてみよう!と言うと最初はもじもじしていますが手が使える身体が使えることを知ると「ジャスチャー」で伝えようとします。

体験を終え、通常練習にもどると、また声がでなくなることも。瞬間瞬間でどんな声をかけていいのか?いままで考えずにプレイしていたのでわかりません。

行動が当たり前になっているとなかなか体験したことを結びつけるのは難しい様ですが、こんな繰り返しで、「声かけ」を覚え「ジェスチャー」を覚え「コミュニケーション」が取れる様になっていきます。

そういった部分でどんな「声」が仲間のためになり、どんな「ジェスチャー」が仲間に伝えるのか?ぜひ考えみてください。

少しでも試合で普段の力が出せるためにプレイ以外のことを考えてみましょう。

「声」と「テンション」

チームスポーツに限ったことにな
るかもしれません。

スポーツは楽しいけど、練習はき
つい。もしかしたら家で学校での
できごとで、テンション(やる気)
が上がって来ないことがあるかも
しれません。

そんな時、仲間の誰かが声を出す
とその声が伝染してい行き、テン
ションも変化していきます。

中学生ぐらいだとこの声を出す
ということできずに、先生や監督
にやらされて、だんだんスポーツ
に集中していくことができるよう
になります。

これだと、先生VS選手となって
しまい、本来のスポーツを楽しむ
ことはできないと思います。

ブレス浜松のトップチームの横で
ジュニアスクールの手伝いもして
いますが、トップチームの選手た
ち常に声を出していき、苦しい練
習やゲーム形式の時は特に声が大
きくなっていき、みんなで盛り上
げています。

こういったテンションで練習は
試合の雰囲気にも似てきます。
試合で自分の実力を出し切るた
めにも、常にテンションをあげ
て練習を自ら行うという行動へ
つなげてもらいたいと思います。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑