「当たり前」と「経験」

基礎とは過去の経験から成り立っています。

しかし、過去の物は過去のものであり、当たり前だと思っていることが当たり前にならなくなっていく時が出てると思うことが大切です。
(ここでの経験とは、10年、20年前の人たちのやっていたことをさします。)

スポーツだけでなく、いろいろな物が日々進化、変化しています。

その中で、基礎って言うものが変わらないとのなぜでしょうか?

大きく変わろうとしている時に、「基礎の考え方」から抜け出さないといつまでたっても変わることができません。

私が中学の時、スポーツで水を飲むのはダメでした。

しかし当時の監督はシステムもそうでしたが、トレーニングや、身体のメンテナンスに関しても最新のも取り入れていました。

なので、今では当たり前の水分補給をこまめに行わせてくださいました。

当たり前を当たり前と思わず、過去の経験も踏まえながら未来を想像することが大事です。

そして、今何をすべきかを選手とともに考えてみてください。

「変わる」と「変えさせられる」

W杯バレーボールってどうですか?メディアを見るとラグビーの方が多いように感じます。
私の住んでいる浜松も近くにエコパがあり、先日夜浜松駅周辺に行ったときラグビーのユニフォームを着た人たちが多くいて、日本人が外国の方とどこからきたの?って話をしていたのが印象的でした。

ラグビーは前回のW杯奇跡的な勝利を収めたにもかかわらず、国内リーグの盛り上がりが散々でした。そこで、いろんな人が立ち上がり今回のW杯の盛り上げにつながったのだと思います。

失敗した経験をW杯後の国内リーグ、そしてオリンピックの7人制へと繋げてほしいです。

変わらないという選択も日本において伝統、文化の面では大事です。

しかしスポーツや日常ではどうでしょうか?

変わっていかなければいけないことがたくさんあると思います。

そこで、これをしなさいと言われてもあまりピンと来ないでこなすだけになってしまいます。

これはバレーボールがそうでないでしょうか?

毎回外からいろいろ言われていますが、会場は人が入ってるかいいんじゃないという感じでやってきたので新聞を見るとラグビーが一面を飾ることがあってもバレーボールが一面を飾ることがありません。

バレーボールに携わる人間として残念です。

大きな協会の話ではなく、自分たちの身の周りでも同じことが起こっています。

学校の勉強の仕方は?
部活の取り組み方は?
塾での取り組み方は?
家での過ごし方は?

それぞれ、変わらなければと思いつつできない。そして変わらされていく。
すると成果がなかなか出なくてイライラしていく。

こんなことがあると思います。

変化を怖がらず、失敗を恐れず自らチャレンジしてみてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑