「真剣」と「夢中」

あるチームが練習試合をしていたとき、
相手が格下とわかると、へらへらしながら普段やらないプレイをしていました。

その時、指導者が「いろんなプレイをすることはいい、でもそれは真剣にやっているの?それとも勝てると思ってあそんでるの?」と尋ねていました。

余裕がなければいろんなプレイに挑戦はできません。そして試合で挑戦していくと、次第に身についていきます。

「相手へのリスペクトをしているからこそ、プレッシャーが生まれ、その場面で挑戦するからこそ、そのプレイは失敗しても成功しても価値がある」と指導者は言っていました。

中学生ぐらいまでは、いろんなことに「夢中」なることが大事だと思います。
*夢中・・・それに心を奪われ、ほかの事を考えない状態になること。
これは試合に限らず練習でも当てはまります。残念ながら常に「夢中」状態というのは難しいですが楽しいと思えることが「夢中」になっていく第一歩だとおもいます。

遊びと練習や試合の違いを「真剣」にやるかどうかになってくると思います。*真剣・・・いい加減や遊び半分でなく本気なこと。
何かの技術を高めるためには本気にならなければいけません。

遊びは「夢中」になれます。そこから高みを目指すためには「真剣」に取り組むことが必要です。

みなさんのチームは「夢中」になっていますか?
そして「真剣」になっていますか?

「楽しい」と「集中」

私が運営しているバレーボールク
ラブは中学3年生がメインです。

時々中学1年生や2年生が練習に
きてくれます。

先日の練習に1年生がきてくれま
した。

3年生には、身長も違えば、移動
スピードや予測など遠く及びませ
ん。

それでも、彼はボールに喰らい付
こう必死で走って手を伸ばしてい
ます。

苦しい状況なのに、顔がだんだん
ニコニコしていきます。

そして、あと少しと言うボールに
手が届くところまで行けるように
なりました。

「苦しい」とか「無理」とかいう
感情が「楽しい」と言う感情にま
さり「集中力」が増したのだと思
います。
だから苦しいのにニコニコしたの
だと思います。
この状態を「夢中」と言います。

「夢中」の状態になると成長速度
が加速します。

皆さんの関わる選手はこのような
状態になっていますか?

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑