「ジェスチャー」と「コミュニケーション」

サッカー選手をみていると、プレイ中でもボールデッドになっている時も、大きく手を動かし指示を出したり、仲間にアピールしています。

サッカーはコートが広く言葉では届かない部分があるので大きく身体を動かして伝えようとしているのだと思います。

試合中、チームとしてルールが決まっていて必ず練習したプレイが同じ様にできるということであれば、このようなジェスチャーをすることは必要ないのかもしれません。

しかし、相手があるスポーツでは必ずしも練習通りできるとはかぎりません。
練習通りに行うためには「声」を出して「コミュニケーション」をとる必要があります。そこで、「声」が伝わらないから身振り手振りの「ジェスチャー」が必要になってきます。

チームのメンタルトレーニングを行う時に「声」「コミュニケーション」の大切さを伝えることがあります。スポーツは瞬間瞬間で判断をしなければいけません。

その時に仲間から「声」がどれだけ心強いかを体験してもらいます。
すると選手たちは「声」って大事だよねとなります。

そこで今度は「声」を出さずに同じことをしてみよう!と言うと最初はもじもじしていますが手が使える身体が使えることを知ると「ジャスチャー」で伝えようとします。

体験を終え、通常練習にもどると、また声がでなくなることも。瞬間瞬間でどんな声をかけていいのか?いままで考えずにプレイしていたのでわかりません。

行動が当たり前になっているとなかなか体験したことを結びつけるのは難しい様ですが、こんな繰り返しで、「声かけ」を覚え「ジェスチャー」を覚え「コミュニケーション」が取れる様になっていきます。

そういった部分でどんな「声」が仲間のためになり、どんな「ジェスチャー」が仲間に伝えるのか?ぜひ考えみてください。

少しでも試合で普段の力が出せるためにプレイ以外のことを考えてみましょう。

「変化」と「成長」

コンフォートゾーン=安全な領域

成長するためには、このコンフォートゾーンを広げるか、このゾーンから出るかしないと成長はありえません。

選手たちをみていると、このコンフォートゾーンにいることが楽で安心できるので抜け出そうとしません。

指導者から「なんどいったらわかるんだ!」と言われる選手がいると思います。

これは指導者が言っているプレイが、選手にとって「怖くて不安があるプレイ」なので理解してるけどできないということになります。

身体が動かないのであれば、安全な領域を少しずつ広げていくために反復練習が必要になります。

人は、必要になれば自然と変化することができると思います。

その一つがみなさんが持っている携帯電話です。

日々進化している携帯電話。変化が怖いならガラケーを持ってばいいのです。

でも、携帯は変化するものだと思い、新しいものに違和感なく購入していくと思います。

スポーツも年々変化しています。
それを変化しないでいたらどうでしょうか?

バレーボールのチームを持ち私が学生時代の監督や同級生に会う機会が増えました。

学生としてプレイしていたのはおよそ30年前です。

今基礎の話をすると変わっていない指導をしている人たちがいました。

指導者は自分がやってきたこと、経験がコンフォートゾーン内でで、新しいことを勉強するということは、コンフォートゾーンから出なければいけません。

なので多くの指導者は選手をみなければいけないからと理由をつけて新しいことを学ぼうとしない現状があります。

指導者がこうだったら選手たちはどうでしょうか?

より変化をこわがるのではないでしょうか?

せっかく携帯電話と変化をし続けてくれるものが身近にあるのですから、何か変化をしなければいけないとき、携帯電話をみながら怖がらずに変化を楽しむように考えてみてください。

「黙る」と「喋る」

昨日ある研修に行ってきました。

その中で、自分がどうなりたいの
か?そして研修中の自分の行動は
どうなっていたのか?を聞かれた
場面がありました。

私は「自分の意見を言いたい、
そして仲間の話を聞きたい」が
なりたい姿でした。

あるワークをやる時は、いろんな
意見を言い合いながら、自分自身
喋ったり聞くことができたのでは
と思っていました。

しかし、最後のワークでは、それ
ができず、結局黙って仲間と話を
することができませんでした。

このワークは、以前にもやったこ
とがありましたが、思い出すと、
その時も黙っていました。

講師の方から、このワークで
目的達成機能と集団維持機能を
学んで欲しいということでした。

目標達成機能は難しいことに
どんどんチャレンジして行くこと
集団維持機能は安心を得るために
仲間との繋がり。

普段ワークをする時、私はどちら
も大切にしているから、喋ったり
聞いたりができるのだと思います
しかし、最後のワークは目的達成
意識が強くなり、周りのことを考
える余裕がなくなり、黙り一人で
考えているのだと思いました。

いろんなワークを体験して、自分
のことを知り、この経験を、関わ
る選手やチームに伝えていきたい
と思いました。

「堅実」と「変化」

先日、知り合いに呼ばれて、
中学生のバレーボールの練習
試合を見学してきました。

新チームとして活動し始めた
チームは、挑戦している様子も
なく淡々と練習試合をこなして
いました。

そんな姿を見ていて、「なんで
チャレンジしないんだろう?」
と知り合いがつぶやいていまし
た。

私たちは、「この時期大切なの
は打ち込むという姿勢」と話て
います。

結果は、どうであれエースポジ
ションに入る選手が、この行動
をしないと成長が期待できませ
ん。
なぜか、打ち込むからこそ、試
合の流れがわかるようになり、
チームを盛り上げることにつな
がっていきます。

今できるプレイを確実にやって
いたらいつまでたっても、その
上のプレイはできるようになり
ません。

チームとして、個人として成長
をするのであれば、変化を求め
てください。そして、周りが変
化を喜びとミスしても大丈夫と
いう雰囲気を作ってみてくださ
い。

きっと選手たちは変化を楽しみ
大きな成長へとつながると思い
ます。

堅実にやるのは挑戦して変化し
てかならでいいと思います。

新チームになって、うまくいか
ないことがあると思います。
だからといって、堅実にやるの
ではなく変化、成長を求めて、
どんどん挑戦させてみてくださ
い。

「挑戦」と「安心」

スポーツでは、技術を習得するた
めに「挑戦」をしないと技術習得
は難しいとされています。

基礎は反復練習で地道にやってい
ることが多いと思います。
そこから応用に移る時、失敗して
も大丈夫という環境になっている
でしょうか?

なんでも初めてやることはドキド
キして、うまくできないことがあ
るのと思います。

何度か繰り返しているうちに、
コツを掴みだんだんできるように
なっていきます。

はじめのうちは、
失敗しても大丈夫!
という気持ちがいつのまにか
なんでできないんだ!
って変わっていきます。

人の成長はそれぞれです。

しかし、指導者や保護者が思って
いる成長速度と違っているから、
「なんで!」という言葉が出て来
るのではないでしょうか?

そして、「なんで!」という言葉
を聞くと選手は萎縮して、安全領
域から出ようとしなくます。

なので、いつまでたってもその技
術を習得することが出来ず、
さらに指導者から「なんで!」と
いう悪循環になっていきます。

新しい技術を習得する時は、失敗
を振り返るのはなく、行動を分析
して、出来たことを認めてあげて
ください。

そうすることによって、失敗を恐
れずに次も挑戦してみよう!次は
ここを変えてみよう!という気持
ちが生まれてきます。

結果だけをみてしまうと、選手は
ミスが出来なくなってしまい、で
きることだしかしやらなくなって
しまいます。

常に安心して挑戦できる環境を作
ることを意識してみてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑