「引退」と「卒業」

先日、メンタルトレーニングの仲間といろいろ話をしてきました。
いくつのかのテーマを決めて話して、脱線することもありましたが
いろんなスポーツに関わる方々と話ができたのはとても良い時間でした。

その中で気になった話題の一つに「甲子園の中止」がありました。

選手たちは、どんなことを考えるんだろうと言うところから始まり、
引退していく選手も出てくるでしょう。
そこで、学生が「引退」と言う言葉を使い、
次のステージでまた同じスポーツをすることに違和感があるんですよね。
と話すと、

合唱部の先生と言う方が、
私たち好きで楽しくてやっていることので、引退って言葉はつかいません。
そして次のステージで続けている生徒が多いです。
大会はありますが、そこを目指すより自分たちのために
やっているので、大会に向けてとはあんまり考えたとこがないので
全国大会を目指すために学校を選びスポーツをするのは違和感があるかな。

また、サッカーの指導者は
サッカーは続けて欲しいと思うので、引退って言わなくていいですよね。
だったら小学生のサッカーは卒業とか、中学校でのサッカーは卒業
など、カテゴリーを終えて次にいくんだというイメージの「卒業」の言葉が
いいんじゃないかなと思います。

私は音楽をしている人もスポーツに近い感覚をもっていると思っています。
しかし、大会についての考え方が大きく違うこと考えさせられました。

カテゴリーを終える意味の「卒業」って考えていなかったので、
なるほどと思いました。

簡単に引退して受験勉強しなさいって言いたい大人が
カッコつけるために言ってるかもって言う話になったときは、
ちょっと拭いてしまいそうになり、
それもあるのかなとも思いました。

さて、皆さんは、選手たちのカテゴリーでひと段落することをなんて表現しますか?
よかったら教えてください。

「終わり」と「始まり」


春高が終わりました。バレーボール関係の選手のTwitterをフォローしているので、トップ選手たちの言葉を直接かんじることがあます。

その中で、ものすごく違和感がある言葉があります。

それが「引退」という言葉

中学生も部活が終わると引退という言葉を使います。
本当にそのスポーツをやらないのであれば「引退」でもいいと思います。

しかし、上のカテゴリーでまたやるのではあれば、引退って使って欲しくないなとおもいます。

私のチームでは大会にでない選手は練習生、もしくは練習パートナーといいます。

やめるという判断は、しっかりと覚悟をもってもらいたいと思います。
何かが「終わる」ということは新しく何かが「始まり」となります。

学校では、「卒業」という言葉をつかっています。
最近はアイドルグループなど芸能界でも「卒業」という言葉つかってへのステップアップと捉えています。

これから卒業シーズンに向かっていきます。
終わりを考えることはとても大事です。

そして終わったときにどんな言葉を使うのが自分にとって一番合っているのか考えてみてください。

きっと取り組み方や結果がかわってくると思います。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑