「過保護が子どもの成長を阻害」

本日の日刊スポーツ静岡版はお読みいただけましたか?

今回の連載記事は
「過保護が子どもの成長を阻害」

先日、保護者の方に大会要綱とタイムスケジュールをお配りしたと時の話です。

「先生持ち物はなんですか?」と保護者の方からいわれました?
「えっ?」とびっくりしました。

今の中学生は、そこまでやらなきゃいけないの?って思いました。

そこで、保護者の方に
「最低限必要なものなんですか?」
「それ以外に必要な物は選手と話をしてみてください」
と言うと保護者の方は
「ユニフォームとシューズがあればなんとかなるかぁ」
と保護者同士で話をしていました。

多分ですが、中学の部活では、保護者の方も忘れてはいけないというプレッシャーが相当あったのではないかと思います。

最低限の物以外は言い方を変えれば忘れてもなんとかなります。

これらのことは、本当は選手に伝えて、選手が考えて行動しなればいけないと思っています。
今回は大会に向けて保護者からしつもんが多くきたので、このような形しました。

これだと選手は何も考えません。
すると忘れ物をしたとしても、罪悪感がないばかりか親に「なんで用意してくれなかったんだ」と逆ギレになります。

自分で準備をすれば、忘れ物は自分の責任です。
忘れ物をして試合に出れなければそれは苦い経験となり、次からは忘れることはしなくなるでしょう。

そう言った経験をすることで成長していきます。

保護者の方は、こういった成長の妨げにならないように見守ってあげてください。

ーーーーーーーーーーーーーーー
年内の配信は本日が最後となります。
登録、購読していただき誠にありがとうございます。
来年は6日から配信を予定しています。

みなさん良いお年をお迎えください!!

宮野

「忘れ物」と「必要ないもの」

保護者の方から、忘れ物が多くてスポーツをするどころじゃないと話がありました。

先日も昔遠征した時にチームの道具を一式忘れてきたんことあります。

忘れ物話が出てきました。

選手たちが忘れ物をすると言うことはどう言うことでしょうか?

私の経験です。
高校の時に一度だけ、シューズを忘れたことがあります。
それは私が1年生の時です。入学して3年生がいる中でレギュラー争いに加わりたかった。
しかし、まともに練習をさせてもらえずチャンスがなくなり、この年代でのレギュラーを諦めた時でした。
とりあえず練習試合に行くことが当たり前になっていた時でした。

今でも覚えていますが、監督にバレないようにコソコソ行動していました。そして対戦相手の選手にお願いして余っているシューズを借りて球拾いをしていました。

私にとって、練習試合に行くのではなく、球拾いに行くのですからシューズはそれほど必要ないものだったのかもしれません。

忘れ物は、必要に感じることが大切です。必要に感じためには、忘れた時の嫌な思いを経験することも大切かもしれません。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑