「保護者」と「応援」

浜松地区は、現在新人戦の真っ只中!
バレーボールを始め、テニスに陸上など関わった選手から結果が届き始めました。

私自身今年は、バレーボールチームに帯同しているので、
トレーニングに来ている選手の応援に行けないのが残念です。

さて、バレーボール会場でよくある、保護者の応援なんですが、
あるチームの保護者が、まるで監督のように、
「〇〇のボールじゃん!」「足動かして!」「なんでできないの!」「早くして!」
とギャラリーから言葉をかけていました。
保護者の方が経験者だとよりそのような傾向があるようです。
監督の言葉もそうですが、
選手たちは、ミスしたことを認識しています。
なので、そこをあえて大声で言う必要性はないと思っています。
ミスしたことを指摘するよりも、次どうしたらいいのかを考えさせる
言葉の方が大切だと考えます。

もし繰り返しミスをするのであれば、それはプレイの理解度が
低いと言うことになります。
できないことは、反復練習をして身につけますよね。
試合でできないのであれば、
それは次の練習での課題として把握することが大事です。

私の帯同しているチームでは、練習でできないことは求めない。
でも、試合相手や今後のことを考えると、公式戦でやって欲しいことが出てきます。
そこで「公式戦でできるかできないか確認しよう!」と言っています。
選手は公式戦で挑戦してくれます。
しかし、選手にもよりますが、できる選手とできない選手が出てきます。

できない選手には、
「練習でやってないからできないのは仕方ない。次の大会に向けての課題だからね。」
と伝え今の現状を把握させています。

そうすることで、練習でやることがはっきりしてきます。

言葉のかけ方で、
萎縮してしまうこともあれば、のびのびプレイすることもあります。

ぜひ、子どもたちを応援する際には言葉に気をつけて応援してあげてください。

「雰囲気」と「流れ」

盛り上がる練習とそうでない練習があると思います。
今の時期、どこのチームも基礎を見直している地味な練習をしていると思います。
そうなると黙々と取り組むことが多くなるではないでしょうか?

多くのチームは練習の前半に基礎練習も持って来て、
徐々にチーム練習に入っていくと思います。(日本風の練習)
なので、後半練習も盛り上がって来ます。

しかし、今の時期基礎練習が多いので、
後半の練習も盛り上がりにかけてくる分があります。
コロナ禍において、試合で喜びあうこと、応援が禁止されています。

だからこそ、練習で喜び、盛り上げるということをしていかないと
本来のスポーツを忘れてしまい、仲間との関係性が薄れてしまうのではないでしょうか?

応援などが解禁されるか分かりませんが、
自分たちで雰囲気を作り、自分たちで流れを作ることを
本来のスポーツを忘れないためにも練習からやってみてください。

「スポーツ」と「応援」

スポーツにおいて応援は、大変力になります。
先日の見学していたバレーボールの練習試合で、
ベンチ選手が自然に応援が始まり、コート内の選手がノリノリになって
チームの雰囲気が良くなり、プレイも良くなった場面をみました。

このベンチの応援を含めてスポーツだと認識しているチームの多く
ベンチ外の選手に応援の練習を取り入れているところもあると思います。

各地で代替え大会が行われている中、
応援が規制されているところが多いようです。
確かに大声を出すことは今の現状良くないのかもしれませんが、
学生スポーツのあり方を考える中で、
プレイだけして、結果を残すだけが教育的にいいものだろうかと考えています。

すでに決まっている事なので、変更はできないと思いますが、
学校の先生方が、
今大会でスポーツから生徒に何を伝えたいのか?
こう言った場面では明確にしていただきたなと思いながら、
保護者の立場と外部指導者の立場で思っています。

「応援」と「期待」

選手は当然ですが、ジュニアアスリートたちと関わっているので
保護者の方とお話をする機会が多くあります。

そこで、保護者の方とお話をしていると、
「楽しくやってくれれば」
「スポーツをやる環境だけは整えてあげたい」
という話がメインになる事が多いです。

その話の中で
「小学校の時は・・・」
「以前やっていた競技では・・・」
と、何かを選手たちに期待している部分も見え隠れしています。

少し前ですが、全国大会に出たことのある選手に
「お父さんから色々気にして連絡くれてるよ。実際どう思ってるの?」
と聞いた事があります。

すると選手は
「親が熱くなり困るんだよね。ちょっと頑張れば、
 大会と全国がって言ってくるから、
違うスポーツやってみたい!って言ったのに」
と本音かどうかは分かりませんが教えてくれました。

いろんな競技で代替大会が始まっています。
大会が始まるということは敗戦し、学生スポーツを終える選手がいて
代が変わっていきます。

応援の仕方について考えてみてください。
見返りを求める応援は、選手へのプレッシャーとなり
応援しているにもかかわらず、選手たちはスポーツを辞める
きっかけになる可能性にもなります。

代が変わるこの時期、保護者の皆さんで話し合ってみてください。

「スポーツ」と「頑張る」

いろいろな人の協力があり、中学、高校と夏の大会がなんとか開催される
方向になっていることは、素晴らしいことかと思っています。

そんな中、ある保護者の言葉がいろんなことを考えさせられました。

それは
「頑張っている姿を見たい」

表現の仕方が難しいのですが、

スポーツ=頑張るもの

と捉えられている事が多くある場所なのかと思っています。
頑張っている姿を見たいだけなら机に向かって頑張って勉強する姿を
見てあげて、難しい問題が解けたらスポーツで勝ったかのごとく
一緒に喜んであげれば、勉強の仕方が変わってくるのに。
と思ってしまいました。

私たち大人は、子どもたちのスポーツに何かを求めているのかもしれません。
「何か」はわかりませんが、大人のやってあげているという姿勢は
少し変えないといけないかもしれませんね。

子どもとたちに声をかけるときに、考えてみてください。
「頑張るってどんな事なのか?」
試合になれば、頑張らない子どもいないと思います。
練習でも上手くなりと思っていれば、自然と頑張ります。
そんな子どもたちが、頑張れと言われても「何をどうしたらいいの?」
と困惑することがあり、「やってるじゃん!」とキレることがあります。

みんな頑張っています。

普通の応援ができない可能性があるからこそ
普段からそのことを認めてあげて、夏の大会では見返りを求めず

応援してあげてください!!

「大会」と「応援」

ドイツのプロサッカーリーグ始まったとニュースでみました。
無感覚試合でした。
本来お客さんが入っているところにベンチメンバーが
間を開けて座っているのはとても印象深かったです。
試合を行った選手は、ハイタッチなど喜びを表す動作が最小限でした。

プロの選手たちがこのような感じでおこなっているのをみていると
学生スポーツもやり方も大きく変わってくるのはではないかと思います。

保護者の方と話をしていると、
最後試合をやって終わらせてあげたいという意見が多いようです。

そこで、私が思うことは
大会が開催できても、地区大会ぐらいの可能性が高いと思いますが、
無観客の学生の大会ってどうなのかなってことです。
応援があってこそ大会の雰囲気になり、
選手の集中力も高まり良いプレイができると思います。
保護者の方も、そんな選手の姿をみるから、
さらに応援に熱が入るものだと思います。

今後もしかしたら、
観客がない状態で大会が行うことが
スタンダードになるのかもしれません。

スポーツができるようになった時、今までと違う大会を想定して
選手と意見交換してみてください。

「1位」と「2位」

みなさんは「グッドルーサー」と言う言葉を聞いてことがありますか?
私のメンタルトレーナー仲間は、サッカー関係者が多いので、
そこから聞いていて、なんとなく知っていました。

https://news.yahoo.co.jp/feature/1685?fbclid=IwAR2o6nojLCSpmxtOU_VYshDYXxdkF9TgDGZ1mNheTjUXBghek_C1Uip0BiU

よかったらお読みください!

昨年受講した、バレーボールの指導者講習会でも話がでていました。

思い返すと、選手の時は

「微妙な判定をごちゃごちゃいうぐらいないら、
その前にやるべきことをやってすっきり勝て」と
教わりました。

なので、終わったあとに判定や審判にクレームをした記憶はありません。(試合中は熱くなってクレームはしたかもしれませんが(笑))

チームを持つようになって、実は2大会とも微妙な判定で負けています。

私は、その前にあれもできた、これも指示しておけばよかった
と考えていたのですが、
選手から「ビデオで確認したいです。」保護者から「あれおかしいですよね。」
なんて声があってちょっとびっくりしました。

試合以外のとこがものすごく気になるのはわかります。
しかし、お互いにたたえあうことができれば、
たとえば、ミスジャッジがあっても認めあえ、
応援ができるようになると思います。

さて、みなさんはどのように考えますか?
よかったら教えてください!!

「応援」と「批判」

コロナウィルスで、みなさんも相当疲れてきていること思います。
ワイドショーや、ニュースなどみていても、
「良い」「悪い」という批判が多くて、
みていても本当に疲れてきます。

政治家やコメンテーターって仕事は
批判をする仕事なんだなって思ってしまいます。

実は、学生スポーツでは、こう言った事が多く見受けれます。
頑張っている選手に向けてあるいは、
先生やスタッフに応援しているのに
批判を言ってしまう保護者の方いませんか?

コメンテーターの言葉に、専門家として招かれている人が
戸惑っている場面がありますよね。

これがまさに選手と同じではないですか?
言われたことをやっているのに批判を言われたら
心が折れてしまします。

応援は、選手たちの力になります。
もっとできるだろう!と考えてしまうと、
批判になっていき選手のやる気を低下させれる原因にもなります。

いろんなTVをみながら、自分の行動を考えてみてください。

「理想」と「現実」


この休み期間、私の娘は部屋の片付けをしているそうです。
春から中学生になるので、その準備かと思っていましたが、自分の好きなアニメのキャラクターを印刷して壁に飾っていました。
そこに飾ってあったキャラクターは、ハイキューのセッターたち。
私のバレーのポジションはセッター。
ちょっと嬉しくなりました。
そこで「中学に入ったらバレーやるきになった?」と聞くと
「嫌だ!」
の一点張りでした(笑)

姉が小学生の時子供会のポートボールで少しだけコーチをしたことがあります。その時の関係性をみていて嫌だったんでしょう。
応援にくる時はベンチコート禁止、腕組んでみるのも禁止と言われたことがありました。
下の娘は父と子の関係性がいいのであって、選手とコーチという関係は大きく違うものと思う節があるのでしょう。
私の理想は、娘の理想とは違うようです。

親子でであっても、このように考え方が違います。
親だからといってレールを引くのでなく、選択肢を用意して、本人が決めるということをしてみてください。
結果は行動から生まれます。
彼女の、今の、その選択、行動を応援しようと思っています。

「期待」と「裏切り」


選手たちのメンタルトレーニングの一場面で、大切にしているものと聞くと「家族」と答える選手がおおいです。

そして、家族は何を期待していますか?と聞くと「勝つこと」と答えます。

簡単に「勝つこと」と言える選手を皆さんはどう思いますか?

保護者の方と話を聞くと、
「最後までやりきってほしい」
「楽しくやってほしい」
「一生懸命やっている姿をみせてほしい」
とういう声がきこえます。

なぜ、選手と保護者との間で違いがうまれてくるのでしょうか?

勝つこと=一生懸命

というところがどこかにあるのではないでしょうか?

そして負けは悪いことみたいなところがあるかだと思います。

大会において一生懸命やらない選手はいないと思います。

そこまでの過程で準備が少なかった結果が負けになるだけなのです。
準備の段階で選手への期待度をどのぐらいするのか考えてみてください。

そうすることによって「裏切られた」という感覚がなくなり、純粋に一生懸命やっている姿を応援できるのではないでしょうか?

大会の時だけに一喜一憂するのではなくしっかりと選手をみて応援してあげてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑