「基礎」と「応用」


浜松市は休校が開けて、春休みに入っています。部活も、対外試合はできないながら練習が再開していると思います。

本来なら春の大会に向けて、いろいろ挑戦してチームを作っていくのではないかと思います。

残念ながら、この期間で身体も心もリセットさせています。
では、どんなことを意識してこの春休みのトレーニングをしていったらようでしょうか?

自分のことを知ることから初めてみてください。
休校前の自分と、休校開けの自分を比べてみてください。
身体、反応、力など、自分やチームで項目を作って比べてみてください。

時間が空いているので、いろいろなことが下がってしまうのは仕方がないことです。

でも、そこを受け止めることができないと「前はできたのに!」とできないことに目がいき前に進むことができなくなってしまいます。

今の自分を見つめ直すことができると、「基礎」の大切さがわかってくると思います。


夏に向けて、「基礎」の確認をこの期間にしてみてください。
そしてレベルアップのための「応用」について考えて、どこまでできるのかを考えながら、練習をしてみてください!!


この春休みにしっかりと自分のことを見つめ、進んでみてください!!

「無意識」と「意識」

行動は全て自分の意思で選択をしています。

残念ながら、行動についてそこまで考えて行動をしている人はかなり少ないと思います。

なぜか?

普段から意識するということしていないからです。

例えば、「歩く」という行動
人は生まれながらに、歩くことを知っています。なので誰からも教えられることなく歩くことができるようになります。
この「歩く」という行動を意識して考えて歩いてみてください。
右手右足が一緒になっておかしくなると思います。

無意識でやっていることを意識して行うことで、その行動の理解が深まり、また無意識化することによって行動を理解したことになります。

理解ができると応用ができるようになります。

無意識化は、個人の行動だけに止まらず、チームでの行動にもあてはまります。

よく勝ちパターンとか負けパターンとか言っていうことがあると思います。
特に負けパターンは、自分たちの行動を無意識でやってしまっているので、理解ができていないので、流れなどの変化をつけるという応用ができていないからだと思います。

ぜひ、無意識に行なっていることを意識して行動してみてください。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑