「信頼」と「我慢」

中学のバレーボールの大会を観てきました。

最近のバレーボールはタイムを取らなくても、コートのすぐ近くまでいけて、選手にアドバイスができます。
なので、タイムを取る取らないの判断が難しいと思っています。

ある試合で、5点差がつきました。
前のセットでは5点差はワンチャンスで逆転ぐらいできるぐらい実力は拮抗している戦いでした。

セットを先取しているチームが中盤から終盤にかけてリードしています。が、対戦相手が追い上げてきています。

セオリーだと2点差ぐらいに迫られたときにタイムをとるものだと思います。
選手を信頼しているのか?新人戦だから我慢しているのか?わかりませんが、同点までタイムを取りませんでした。
流れを失ったチームは、引き戻す力なくセットを落とし、3セット目も相手が主導権を持ったまま進み敗退しました。

こういった場面はスポーツでは多くあります。
そんなときに、どんな声かけが重要なのか?

よく「リラックスして」と声をかけることがありますが、そもそもリラックスするということはどういうことななのか?リラックスする練習をしているのか?となります。

では、どんな言葉がいいのか?
「信頼しているよ!」と言えば、この場面任せてもらえたと自信が生まれます。「自分のできることは何?」と問いかければ、何をしなければいけないのかを思い出すことができます。(この部分も事前に試合での役割を確認してあることが前提ですけど)

具体的な行動も伝えることが大事なのかもしれません。

監督の意図をしっかりと示した上で我慢することも必要かもしれません。

意図を説明せずに我慢してると、「なんで指示をしてくれないんだ」となってしまいます。

難しい局面だからこそ、監督や保護者はその時の感情や流れで声をかけるのではなく、しっかりと考えて選手の力となる言葉をかけてあげてください。

「強さ」と「整頓」

強いチームは、整理整頓ができています。

しかし、整理整頓ができているから強いとは限りません。

なぜか?

それは、日常生活とスポーツがリンクしているからです。

自分たちの動きが整理されていれば、スポーツでも単純化され動くことに迷いがなくなります。

だから、日常から身の回りの整理整頓を伝えている指導者が多いと思います。

残念なのは、その意図までが伝わりきれていないこと。

選手が「これをやっておけばいいんでしょ。」

こうなると成長は止まってしまいます。

そんな時は、「なんのためにやっているんだろう?」「スポーツと繋がるところはどこがあると思う?」と選手に聞いてみてください。

つながりをしっかり考えて行動している選手か?やらさせれている選手がわかると思います。

WordPress.com サイト.

ページ先頭へ ↑